怪しいオンラインカジノの見分け方!不審なオンカジの勧誘に要注意

最近のオンラインカジノ人気を受け、オンラインカジノを利用してみたいと考えている方も多いでしょう。
しかし「オンラインカジノは怪しい」と不安になる人もいるはずです。

この記事では怪しいオンラインカジノにつかまらないためのポイントについて詳しく解説してみました。ぜひ参考にしてください。

目次

怪しいオンラインカジノに見られる3つの特徴

怪しいオンラインカジノを避けるためには、怪しいオンラインカジノに見られる特徴をしっかりと把握しておくことが大切です。具体的に3つの特徴について、詳しく解説します。

運営情報をサイトに公開していない

運営情報を公開していないオンラインカジノは怪しい可能性があります。
というのも合法的に運営されているオンラインカジノが運営情報を公開していないということはほとんどあり得ないためです。

運営情報とは具体的に運営会社やライセンスなどを指します。
基本的には公式サイトのトップページから画面を下にスクロールすると運営情報を確認することができます。

ボーナスの内容が太っ腹すぎる

ボーナスはオンラインカジノの大きな魅力の1つです。
当然お得なボーナスほどユーザーにとってメリットが大きいと言えるでしょう。

しかしあまりにもお得すぎるボーナスはかえって怪しさがあります。

例えばギャンボラが2020年にウェルカムボーナスの内容を改訂した際には、3.2%というリベートボーナスは流石に奮発しすぎではないか?と疑いの声結構見られました。

しかしギャンボラはその後も安定的に運営を続けています。

とは言えすべてのオンラインカジノがギャンボラのように成功するとは限りません。

実際にボーナスのベットリミットがないというお得さが売りだったメタルカジノは2020年11月に突然サイトを閉鎖しています。

また入金で得られるフリースピンに出金条件がなかったワンダリーノも2021年2月末を持って日本市場から撤退しました。

かなりお得度が高そうなボーナスがあっても、すぐには飛びつかず、当該プロモーションが長続きしているか否かを確認するのがおすすめです。

口コミがまったく見られない

インターネットやSNSを通じて口コミを調べた時に、検索結果がほとんど表示されないオンラインカジノも怪しさがあります。
口コミが見られないということは、ユーザー数がほとんどいないことに繋がるためです。

いくら「美味しい」と店側がアピールしていても、ぐるなびや食べログで口コミが一切ない飲食店だと、どうしても信用できませんよね。口コミが見られないオンラインカジノについても同じことが言えます。

怪しいオンラインカジノを避けるためのポイント

誰もがなるべく怪しいオンラインカジノは避けたいと考えているでしょう。
具体的にオンラインカジノを探す際に意識したいポイントについて、詳しく解説していきます。

公的なライセンスを取得している業者を選ぶ

まずは必ずライセンスの情報をチェックしましょう。
上述した通り、ライセンスに関する情報は公式サイトの下の方に表示されています。

きちんと有効なライセンスを保有しているか否かを確かめるために、ライセンスアイコンをタップした上でライセンス証を表示するのもおすすめです。

時々ライセンスの有効期限が切れていたり、無効になっていたりするということもあります。

合法的なオンラインカジノを利用するためには、ライセンス確認が必須です。

複数カジノを運営している業者を選ぶ

運営会社が複数のオンラインカジノを運営している場合も、怪しさはないと言えます。
複数のオンラインカジノを同時に運営できるだけの手腕があると判断できるためです。

具体的に姉妹カジノの組み合わせとしては以下のようなオンラインカジノがあります。

  • ベラジョンカジノとインターカジノ
  • ラッキーニッキーとウィニングキングスカジノ
  • カジノエックスとジョイカジノとボンズカジノ
  • ライブカジノハウスとスポーツベット
  • ビットカジノとスポーツベットアイオーとライブカジノアイオー
  • レオベガスとロイヤルパンダ
  • カジ旅とシンプルカジノとカジノミー

一定数悪い口コミも見られる業者を選ぶ

口コミを参考にする際には、良い口コミはもちろんのこと、悪い口コミについても確認するようにしましょう。
あまりにも良い口コミばかりしか見られない場合には、逆に怪しいと感じざるを得ません。

恐らく紹介料報酬を目的としたアフィリエイターたちばかりが宣伝しているだけでしょう。

ユーザー数が多ければ、ある程度悪い口コミもある状態こそ健全と言えます。
どんな業者であっても、「ボーナスの消化が難しい」「出金が遅い」「銀行振込を利用できない」など何かしら不足点はあるはずです。

当然悪い口コミばかりが先行しているオンラインカジノの利用も考えモノですが、一切悪い口コミが見られないのもやや怪しいオンラインカジノと言えます。

オンラインカジノ関連の怪しいビジネス話に要注意

オンラインカジノに関しては、カジノの登録や利用そのもの以外にも、怪しいビジネスの誘いなどに注意する必要があります。
怪しい話に乗ってしまうと、資金を一気に失ったり逮捕されたりするなど、リスクは様々です。

具体的にどのような怪しい話に注意すべきか、詳しく解説していきます。

インカジへの勧誘

インカジとは違法に運営されている闇カジノです。
薄暗い雑居ビルの一室などで運営されているのが一般的で、店舗内でオンラインカジノを楽しめるという特徴があります。

「自分でアカウント登録をせずともカジノで稼げる」というような宣伝文句で誘われますが、インカジの利用は100%違法です。

インカジの経営者のみならず、利用者も逮捕されるので注意しなければなりません。
実際に、毎週のようにインカジ関連の摘発事例は見られます。

現行犯ではなく、店舗を利用したという事実だけでも証拠が揃えば逮捕されてしまいます。

歌舞伎町などの飲み屋街で歩いているとインカジのキャッチを受けることもあるかもしれませんが、絶対に誘いに乗ってはいけません。

マルチやねずみ講への勧誘

オンラインカジノに関しては、マルチやねずみ講の勧誘を受けることもあります。
オンラインカジノは実際に商材があるわけではないので、どちらかと言えばねずみ講寄りと言えるでしょう。

マルチは合法的であるのに対して、ねずみ講は完全に違法です。

ねずみ講の勧誘に関しては「会員を紹介すると紹介料報酬が貰える」といった文句が使われます。
しかし実際に報酬が貰えることはまずないと考えてください。

紹介料報酬が発生するとすれば、友達紹介ボーナスを用意しているケース、もしくはオンラインカジノとアフィリエイト契約を締結している場合のみです。

そもそもねずみ講の勧誘を受けた際は先行投資として費用の支払いを求められますが、オンラインカジノのアカウント登録に1円でも費用がかかることはあり得ません。

最近はSNSやマッチングアプリなど、様々なツールを駆使して怪しいビジネス話を受けることがあります。

「不労所得」など聞こえの良い言葉ばかりに騙されないよう、十分注意してください。

高額コンサルティング

オンラインカジノについて調べてみると、「オンラインカジノで月額100万円稼げるようになるコンサルティング」などのサービスが販売されていることもあります。
結論から言えば、オンラインカジノのゲームはすべてギャンブルであり、プレイヤーの任意により結果をコントロールすることができない以上、100%稼げる保証などどこにもあり得ません。

当然高額のコンサルティングを依頼してそれらしきアドバスを受けられたとしても、本当に勝てるか否かは別問題です。

またオンラインカジノ関連のコンサルティングサービスは、代金の支払い後に突然連絡が取れなくなるというようなケースも多発しています。
結局オンラインカジノで稼げるか否かはすべて自分次第です。

「月利150%達成」「カリスマギャンブラー」などのセールス文句を見かけるとついつい利用したくなる気持ちも分かりますが、99.9%トラブルに発展しますので近寄らないようにしましょう。

必勝ツール・攻略ツール

バカラやルーレットなど、オンラインカジノで人気度の高いゲームについては必勝ツールや攻略ツールが販売されていることもあります。

しかし必勝ツールや攻略ツールの利用は、上述したコンサルティングと同様にトラブルの温床です。
結果をコントロールすることは決してできませんので、利用するデメリットが大きすぎます。

そもそもオンラインカジノ各社は、すべてのベットをアカウント名義人本人の意思によってのみプレイするように規約を定めています。要は第三者のアドバイスを受けたり、機械による判断でベットをしたりする行為は規約違反ということです。

規約違反と見なされれば、当然資金の出金拒否やアカウント凍結などの重い処分を受けることになります。

資金の送金

ポーカースターズなど一部のオンラインカジノサイトではプレイヤー同士で資金を送金することができます。
そのためチップをPayPayやエコペイズなど経由で販売している例も少なくありません。

しかしプレイヤー間の送金では度々詐欺が発生しています。
もちろん運営側は対処してくれず、すべては自己責任です。

完全に信頼を置けるプレイヤーならば良いですが、なるべく自分自身で用意した資金だけを用いてオンラインカジノをプレイするようにしましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる