コンクエスタドールで45ドル入金不要ボーナス受け取ろう

オンラインカジノのライセンスとは?【信頼できるライセンスはどれ?】

オンラインカジノについて調べてみるとライセンスの重要性を説いた記事がよく見られます。実際にライセンスは非常に重要です。

この記事ではオンラインカジノのライセンスの種類や信頼度の高いライセンスについて、詳しく解説してみましたので是非参考にしてください。

目次

ライセンスとは

ライセンスとはギャンブルを合法化している国や地域の公的な政府が発行しているオンラインカジノの営業許可証を指します。ライセンスを保有していて初めて、オンラインカジノは合法的な運営ができるということです。

学校教員にとっての教員免許証、医者にとっての医師免許証などと同じと考えれば分かりやすいでしょう。

ライセンスを取得せずに運営されているオンラインカジノの場合、紛れもなく違法です。カジノライセンスの取得や維持には様々なコストがかかるため、最初から資金を巻き上げることしか考えていない悪徳詐欺業者の場合、ノンライセンスで運営していることもあります。

そのため利用するオンラインカジノを選ぶ上では、しっかりとライセンス情報をチェックすることが大切です。

ライセンスの確認方法

公的なライセンスを取得しているオンラインカジノであれば、ライセンスに関する情報を必ず公式サイト上で記載しています。公式サイトの下部の方に取得しているライセンスのアイコンを記載しているのが一般的です。

実際にアイコンをタップすることで、ライセンスの有効性を確かめることができます。例えばベラジョンカジノの場合、下記画像の赤枠で囲ったアイコンをタップします。

するとライセンス証が表示されました。

画像中央あたりに「Operation Status : VALID」と記載されており、有効なライセンスであることが分かりますね。

ライセンスを保有する意味

ライセンスを保有していると、合法的な運営であることが証明されるというのは上述の通りです。しかし単に「合法的」と言われても、具体的に何が保証されているか分からないでしょう。

実際に、公的なライセンスを取得している場合には、以下のような事項も保証されることになります。

  • ゲームにイカサマがなく正常に作動すること
  • 運営会社が支払いに耐えうるだけの資金力を有していること
  • 運営に関わる人間が反社会的勢力ではないこと
  • 情報管理のセキュリティシステムが整っていること

実際にどれだけのレベルで保証されているかは、ライセンスの種類に応じて異なります。特に厳密な審査を行っている国や地域のライセンスほど、より信頼性が高いと言えるでしょう。

第三者機関との違い

オンラインカジノの運営に関する主体として、第三者機関という存在もあります。第三者機関は、カジノ側でも政府側にも属さない完全に中立な機関です。そして中立な立場から、違法な運営をしていないかなど、運営の内容について厳しくチェックをしています。

有名な第三者機関には

  • Gaming Laboratories International
  • eCOGRA
  • iTech Labs
  • Duv Compliant
  • TST

といった機関があります。第三者機関による監査は任意です。監査を受けるためには高額な費用がかかるため、わざわざ余計なコストを支払わないオンラインカジノも多数あります。

しかしより高い信頼性を担保するために、ライセンス取得とは別に第三者機関からの監査を受けるオンラインカジノも少なくありません。また、信頼性自体はあまり高いと言われていないライセンスを取得していても、第三者機関からの監査をパスすることで信頼性を補っているというケースも結構あります。

オンラインカジノのライセンスの種類

オンラインカジノのライセンスには様々な種類があります。ただライセンスを発行できるのはギャンブルが合法化されている国や地域に限定されているため、日本ではライセンス発行ができません。

仮に日本発行のライセンス下で運営、なんていうオンラインカジノがあった場合には、間違いなく悪徳カジノと言えますので注意しましょう。

具体的にどのような種類のライセンスがあるのか、詳しく紹介していきます。

ジブラルタルライセンス

ジブラルタルでは2005年に制定されたギャンブル法を元にして、カジノライセンスを発行しています。

参考リンク:ジブラルタル自治政府サービス

ジブラルタルライセンスを取得しているオンラインカジノとしては、以下のような業者が挙げられます。

  • 888カジノ
  • ロトランド
  • 32レッドカジノ

ウィリアムヒルカジノも2020年11月まではジブラルタルライセンス下で運営されていました。

ジブラルタルのライセンスを取得したり、管理したりするためにはかなり高額の費用が必要です。

Licensing and administration

Licence TypeFee*
Remote Gaming B2C Operator£100,000
Remote Betting B2C Operator£100,000
Other Remote B2C Gambling Products£100,000
Non-Remote B2C Gaming Operator (land Casinos)£100,000
Non-Remote B2C Betting Operator (land Bookmaker)£100,000
Gambling B2B Support Services£85,000

*per licensing year

引用元:ジブラルタル自治政府サービス「Remoto Gambling」

よってかなり信頼性が高いライセンスと言えます。

マルタライセンス

マルタは地中海に浮かぶリゾート地です。ランドカジノで有名な島ということもあり、オンラインカジノ向けのライセンスも2000年以降発行しています。

参考リンク:Malta Gaming Authority

マルタライセンスは非常に取得難易度が高いという特徴があります。そのためマルタライセンス下で運営されているオンラインカジノの信頼性は、高いレベルで保証されていると考えていいでしょう。一方で仮想通貨での入出金ができないなど、不便な点もあります。

具体的にマルタライセンスを取得しているオンラインカジノとしては以下のような業者が有名です。

  • レオベガス
  • ロイヤルパンダ
  • ラッキーニッキー
  • カスモ
  • Videoslots
  • ギャンボラ

マルタライセンスを取得しているオンラインカジノの場合、ゲームのペイアウト率を必ず公表しなければいけません。

そのため「不正にペイアウト率が低く設定されているのでは?」などと不安視する必要はありません。

なお最近極悪カジノとして名を馳せているカジノシークレットのような事例もあります。そのためマルタライセンスだけで完全に安全と考えるのではなく、きちんと口コミなども参考にするようにしましょう。

マン島ライセンス

マン島はイギリスとアイルランドの間に位置する小さな島です。マン島ライセンスを取得しているオンラインカジノは少ないものの、非常に信頼性が高いライセンスとして知られています。特に有名な業者は188betです。

マン島は法人税がかからないタックスヘイブンであるだけに、もう少し人気があってもいいような気がするのですが、審査の厳しさが影響してなかなか取得しようとするオンラインカジノが現れないのでしょうか。

参考リンク:マン島政府ウェブサイト

オランダ領キュラソー島ライセンス

オランダ領キュラソー島のライセンスは、オンラインカジノ業界では最も有名と言っても過言ではありません。一口にオランダ領キュラソー島のライセンスと言っても、実は以下の4つの種類があります。

  • Gaming Curacao
  • Curacao eGaming
  • Antillephone
  • Curacao CIL

上記の4つは民間企業ですが、政府からライセンス発行承認を受けています。

しかし民間企業によるライセンス審査ということで、他の公的政府が審査するライセンスと比べると、審査がゆるいと言われがちです。実際に「資金力さえあればオランダ領キュラソー島のライセンスは取得できる」と言われることもあります。

しかし最近はベラジョンカジノを始めとして、大手のオンラインカジノも多くキュラソーライセンスを取得しており、一概に信頼性が低いとも言い切れません。むしろ厳しい規制がなく、仮想通貨決済の導入など、ユーザー利便性が高いシステム導入をスムーズに行えるため、使いやすいオンラインカジノも多くあります。

また2021年3月以降は、キュラソーライセンスの審査が厳しくなるという情報もありました。筆者自身、キュラソーライセンス下で運営されているオンラインカジノを多数利用していますが、出金拒否やアカウント凍結などに遭ったことがありません。そのため、そこまで信頼性を心配しすぎる必要もないのでは、と感じています。

フィリピンライセンス

フィリピンのカジノライセンスには、ファーストカガヤンとPACGORの2種類があります。しかしギャンブルに嫌悪感を示しているドゥテルテ大統領の強硬な態度により、2018年1月から5年間は新規でのカジノライセンスの発行ができなくなっています。

将来的にカジノライセンスが取得できなくなる恐れもあるだけに、今後新たにフィリピンのライセンスを取得するオンラインカジノは出てこないでしょう。

現状でも有名なオンラインカジノで言えば、エルドアカジノとエンパイアカジノくらいしか、フィリピンライセンス(PACGOR)を取得していません。

カナワケライセンス

カナダのカナワケもカジノライセンスを発行しています。しかし過去にはポーカーの不正に内部協力者がいたと言われているなど、信頼性は怪しいライセンスです。

以前はカナワケライセンスで運営されていた業者も多くありましたが、最近はダブルライセンスの一環としてエルドアカジノが取得しているくらいです。

参考リンク:KANAWAKE GAMING GOMMISSION

その他のライセンス

その他にも世界各地でカジノライセンスを発行している政府があります。しかし中にはゲーミング税を徴収できるならば構わないと考えるような政府も少なくはなく、審査がガバガバということもあるようです。特に経済的に発展途上だったり、財政が弱かったりする北中米カリブ海では、特にライセンス審査が緩いと言われています。

信頼性の高いライセンスは?

数あるオンラインカジノのライセンスのうち、特に信頼性が高いと言えるのは以下のライセンスです。

  • ジブラルタル
  • マルタ共和国
  • マン島

また次点でオランダ領キュラソー島も、eCOGRAなど第三者機関の監査をパスしていれば、上記のラインナップに含めても良いでしょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる