コンクエスタドールで45ドル入金不要ボーナス受け取ろう

オンラインカジノのレクチャーは絶対やめとけ!カモにされる危険性あり?

オンラインカジノで稼ぎたい初心者は有識者からのレクチャーを受けたいと考えるかもしれません。
しかしレクチャーを受けることには様々な危険が伴います。

本記事ではオンラインカジノのレクチャーを受けることの危険性について詳しく解説してみました。

目次

オンラインカジノのレクチャーは詐欺なので要注意

オンラインカジノで勝てるようになるためにレクチャーを受けて何かアドバイスを貰いたいと思っても、なるべく利用しないように注意しましょう。
なぜならオンラインカジノのレクチャーは詐欺の可能性が非常に高いためです。

情弱は詐欺師にとって格好のカモです。
きちんとレクチャーの危険性を理解して、手を出さないようにしましょう。

必ず勝てる方法は絶対に存在しない

そもそもレクチャーを受けたところで、オンラインカジノのゲームで勝てるようになるという保証はありません。

必ず勝てるなら課金する価値はあるかもしれませんが、負ける可能性もあるのに課金してレクチャーを受けるのは愚策です。

SNSやインターネットサイトで口コミを見ると「必ず勝てる」などのPRがなされていることもありますが、騙されないように注意してください。

美女の写真で釣っているだけで中身はオッサン?

オンラインカジノのレクチャーは、SNSに美女の画像を投稿することでユーザーを釣っています。
実際にインスタグラムで「#オンカジ」と検索してみると、以下のように女性の画像が色々と表示されました。

美女が掲載されている投稿を見ると「こんな美女にレクチャーしてもらえるならアリかも」と思ってしまうかもしれません。
しかし当然ながら写真通りの美女がレクチャーを受けてくれる保証は一切ありません。

実際には単なる広告塔として女性の画像を使っているだけで、中の人はオッサンということもあるでしょう。
人間のドーパミンは報酬を得たタイミングではなく、「報酬を得られそう」というタイミングで一気に放出されます。

そのため美女の写真を見ると「美女からレクチャーを受けられそう」ということでドーパミンが放出され、冷静な判断力を失う可能性が高いので注意が必要です。

本当に稼げる内容なら他人に共有するはずがない

そもそも本当に稼げる必勝法ならば、他のユーザーに共有する必要がありません。
オンラインカジノの収益構造を見てみれば分かります。

例えば全ユーザーから合計で100億円の賭けが行われたとしましょう。

全ベット額のうちおよそ5%はハウスエッジとして胴元が獲得、残る95%つまり95億円がプレイヤーへの還元に使われるという構図です。

つまりオンラインカジノは、限られたパイを奪い合うゲームと言えます。

パイの奪い合いにおいて他のプレイヤーが稼げるようになれば、相対的に自分が不利になることは言うまでもありません。

何事も本質を知っておくことが大切です。結局オンラインカジノのレクチャーを行っている人は、レクチャーを通じてプレイヤーを負けさせることで、相対的に自分が有利な賭けをできるように誘導している可能性があります。

バカラの罫線分析もカードシャッフルでチャラになる

オンラインカジノのゲームで特にレクチャーの対象になることが多いのがライブバカラです。
特に罫線分析により次の勝者を的中させるといった形で、実際に実績を出している事例も多くあります。

確かに罫線分析は全く意味がない訳ではありません。
しかしゲームの途中には度々カードのシャッフルが行われます。

カードがシャッフルされてしまえば、その時点で罫線分析はチャラになります。

また冷静に考えれば、バカラというゲームはPLAYERとBANKERのどちらが勝利するかを予想する、いわば確率50%のギャンブルです。

適当に予想しても的中する確率は十分高いので、バカラコンサルによって稼げたというような口コミを見ても「まぁそうだろう」くらいに捉えておくようにしましょう。

オンラインカジノの規約に違反する可能性がある

レクチャーを受けながらオンラインカジノのゲームをプレイしていることは、そもそも規約違反に該当してしまう可能性があります。実際にインターカジノでは以下のような規約が見られました。

当サイトを使用するにあたり、ユーザー自身、または第三者による試行または作用にかかわらず、ロボット、自動的、機械的、電子的またはそのほかのデバイスを使用して、当サイトでの決断を自動的に行わないことに同意するものとします。

インターカジノ利用規約3.14

文言こそ異なりますが、オンラインカジノ各社、プレイヤー本人以外のベット関与を認めていません。
仮に規約違反と見なされてしまった場合には、出金拒否やアカウント凍結といった重い処分を下される可能性があります。

もちろんレクチャーの発信者が責任を取ってくれるようなことはありません。

レクチャー内容を盲信すると冷静な判断をしにくくなる

レクチャーを受けていると、内容を盲信してしまい自分自身で冷静な判断をしにくくなってしまう点も要注意です。

特に有料でレクチャーを受けていると、「お金を払ったのだから」という思いが働き、負けが込んでいてもなかなか引き返せなくなってしまいます。

いわゆるコンコルド効果という心理法則です。
ギャンブルで負け始めると、負けを取り返すまで止められなくなるのも同じような原理と言えます。

結局後悔するのは多くの損失を被ってからです。もちろんどれだけ悔いたところで生じた損失額も投じた時間も戻ってくることはありません。

トラブルに発展する事例も多い

オンラインカジノのレクチャーを受けると、そのまま様々なトラブルに発展してしまうという事例もあります。

例えば有料のコンサルティングを受けられるはずだったのに、突然連絡が取れなくなってしまって夜逃げされたというような事例は少なくありません。

また仮に「必ず勝てる」と謳っているレクチャーを受けて、結果負けてしまったとしましょう。
その場合に運営側に抗議をしたとしても、「他のプレイヤーは同じようにして稼げている」「やり方が間違っていたのではないか?」と一蹴されるのがオチです。もちろん損失額を保証してくれることもありません。

さらに、レクチャーを受けるに際してクレジットカード情報を入力していたり、連絡先を教えていたりした場合には、個人情報を悪用されてしまう可能性もあります。

レクチャーなんて受けなくてもオンラインカジノは十分に稼げる

少しでも稼げる可能性を高くしたいという思いからレクチャーを受けることを検討する気持ちは分かります。
しかしレクチャーなどわざわざ受けずとも、オンラインカジノでは十分に稼ぐことが可能です。

そもそもペイアウト率が高いゲームばかり

そもそもオンラインカジノのゲームはいずれもペイアウト率が高いゲームばかりです。
ペイアウト率とはトータルベット額に対してプレイヤーに払い戻される割合で、数値が高ければ高いほど稼ぎやすくなります。

いずれのゲームについても、他のギャンブルと比較した時のペイアウト率の高さは一目瞭然です。わざわざレクチャーなど受けずに適当にプレイしていても、十分に稼げます。

レクチャーが通用しないゲームも多い

オンラインカジノではレクチャーなど受けたところで無意味というゲームも少なくありません。
特にスロットは完全にランダムで動作しており、流れもクソも関係ないゲームです。

またテーブルゲームも、ライブゲーム以外はすべてRNGというランダムなプログラムに寄り動作しているため、必勝法関係のレクチャーはほぼ通用しません。
強いて意味があるとすれば、ブラックジャックのベーシックストラテジーくらいです。

特に稼ぎやすいのはブラックジャック

オンラインカジノには様々な種類のゲームがありますが、特にブラックジャックは稼ぎやすいということで好評です。理論上のペイアウト率は99%台ですが、ルール上は普通に100%を超えるという見方もあります。

ルールは多少複雑な部分もありますが、しっかりと理解できれば全く難しくありません。ちなみに筆者はブラックジャックをプレイして、わずか10分間に50万円以上を稼げたこともあります。

詐欺まがいのレクチャーにお金を使うくらいだったら、リアルマネーを使ってブラックジャックをプレイして、負けたとしても経験値を高めておく方が圧倒的に賢いお金の使い方です。

コメント

コメントする

目次
閉じる