【漫画あり】オンラインカジノとは?【初心者は必見!】

コンクエスタドールカジノはスロットが超充実!遊ぶべきスロットを解説

コンクエスタドールの遊ぶべきスロット

コンクエスタドールカジノは他のオンラインカジノと同じように、スロットゲームがかなり充実しています。

本記事ではコンクエスタドールカジノでプレイできるおすすめスロットや、コンクエスタドールのスロット選びのポイントについて詳しく解説していきます。

目次

コンクエスタドールカジノのスロットプロバイダ一覧

コンクエスタドールカジノでは以下の32のプロバイダを採用しています。

  • Playson
  • Playngo
  • Kalamba games
  • Microgaming
  • 2By2
  • Lightning Box
  • Red Tiger
  • Wazdan
  • Thunderkick
  • Pragmatic Play
  • Realistic Games
  • Quickspin
  • Push Gaming
  • Rabcat
  • 1X2 Gaming
  • Slingo
  • Big Time Gaming
  • Tom Horn
  • ReelPlay
  • Ainsworth
  • Iron Dog
  • Nolimit City
  • Foxium
  • Red Rake
  • Elk
  • Relax Gaming
  • Hacksaw Gaming
  • Netent
  • Spearhead
  • iSoftBet
  • Yggdrasil
  • Revolver

プロバイダの充実度はまずまずという印象です。
今後もさらに新規のプロバイダを導入することが期待されます。

コンクエスタドールカジノおすすめスロット

コンクエスタドールカジノでプレイできるスロットのうち、特におすすめの機種を紹介していきます。

Esqueleto Explosivo2

プロバイダThunderkick
リール構成5×3
ペイライン数99ライン
フリースピン購入不可
ジャックポットなし
ペイアウト率96.13%

『Esqueleto Explosivo2』は配当が成立するごとにマルチプライヤーが倍々で伸びていくスロットです。
ベースゲームでは最大32倍、フリースピンでは最大64倍までマルチプライヤーが伸びる可能性があります。

そのためなかなか思うように勝てない状況でも、時々訪れる連勝により一気にプラ転させることも可能です。

配当成立時に骸骨のシンボルが合唱しながら爆破するというシュールな演出も、ユーザーから好評を集めています。

Who Wants to Be A Millionaire

プロバイダBig Time Gaming
リール構成6×2~7
ペイライン数最大11万7649ライン
フリースピン購入不可
ジャックポットなし
ペイアウト率96.32%

『Who Wants to Be A Millionaire』は日本でも人気を博した「クイズミリオネア」をモチーフにしたメガウェイスロットです。

スキャッターシンボル3つでフリースピンはトリガーされますが、フリースピン開始前にギャンブルモードによりスピン回数を増やすことができます。

最大50回までフリースピンを増やせるチャンスがあるということで、積極的に上乗せを狙うことが重要です。
というのもフリースピン中は配当が成立する毎に1倍ずつマルチプライヤーが上昇するためです。

当然スピン回数が多い方が、ビッグウィンも生まれやすくなります。

ギャンブルモードでは本家「クイズミリオネア」と同じように、ライフライン機能が利用可能です。

自分の勘に自信がない時は、うまくライフラインを活用してみましょう。

Serengeti Kings

プロバイダNetEnt
リール構成5×4
ペイライン数26ライン
フリースピン購入可能
ジャックポットなし
ペイアウト率96.25%

『Serengeti Kings』はタンザニアの世界自然遺産である「セレンゲティ国立公園」をモチーフにしたビデオスロットです。
業界でも最も凶暴と言われるほどのハイボラティリティスロットとして高い人気を博しています。

俺自身も他のオンラインカジノでプレイしていましたが、『Serengeti Kings』により一撃2万ドルオーバーの配当を手にしたことがありました。

『Serengeti Kings』ではフリースピンを購入できるので積極的に活用しましょう。

フリースピンの配当はどうでもよく、いかにライオンとパンサーのシンボルを収集できるかが重要です。
そのためフリースピン購入時点で一定以上のシンボル収集が確定している「5SCATTER」を選ぶことが、勝利への第一歩となります。

Gates of Olympus

プロバイダPragmatic Play
リール構成6×5
ペイライン数なし
フリースピン購入可能
ジャックポットなし
ペイアウト率96.50%

コンクエスタドールカジノにおいて短時間で一気に稼ぎたいならば、Pragmatic Playの『Gates of Olympus』がおすすめです。

『Gates of Olympus』のフリースピン中は、マルチプライヤー付きシンボルが出現したスピンで配当が成立すると、どんどん勝利倍率が累積されていくという特徴があります。

同じくPragmatic Playの人気スロットである『Sweet Bonanza』において、1回出たマルチプライヤーが次回以降のスピンにも適用されるというようなイメージです。

序盤に500倍など超高倍率マルチプライヤーが出現してくれれば、後はビッグウィン連発を楽しむのみとなります。

YouTube等では『Gates of Olympus』において最大倍率の5000倍配当を獲得してゲームが強制終了したというような動画もアップされていますので、プレイ前にチェックしてモチベーションを高めておくのもおすすめです。

Jammin’ Jars

プロバイダPush Gaming
リール構成8×8
ペイライン数クラスタータイプ
フリースピン購入不可
ジャックポットなし
ペイアウト率96.83%

『Jammin’ Jars』は「ジャム瓶」の愛称で親しまれているハイボラティリティスロットです。
ベースゲーム中にも平気で1000倍超えの配当が生まれることもあり、一撃大勝利を狙いたいユーザーからは特に高い人気を博しています。

『Jammin’ Jars』ではワイルドシンボル兼スキャッターシンボルの役割を果たすジャム瓶のシンボルが非常に重要です。

ジャム瓶のシンボル込みで配当が成立した場合には、マルチプライヤーが1倍ずつ上昇します。
ベースゲームでは連鎖が終わるまで、フリースピンではフリースピンが終わるまでマルチプライヤーがリセットされないため、連鎖が続くほどビッグウィンの期待も十分です。

また複数のジャム瓶が絡んで配当が成立した場合には、配当が乗算されます。

例えば上記の画像のような状況では、11倍と10倍のマルチプライヤーが乗算されて、通常配当が110倍になるということです。

他のスロットで大勝負に負けて残ったはした金を投げやりで『Jammin’ Jars』に投じてみたら一気に大逆転、なんていうこともあるかもしれません。

コンクエスタドールカジノのスロット選びのポイント

コンクエスタドールカジノでスロットを選ぶ際には、いくつか押さえておくべきポイントがあります。
コンクエスタドールでスロットを選ぶ具体的に4つのポイントについて、詳しく解説します。

ボーナス保有時は消化率を必ずチェックする

ボーナスを保有している場合には、プレイ前に必ず消化率をチェックしておきましょう。

消化率が低いスロットをプレイする場合には、ただでさえ甘くないコンクエスタドールのボーナス出金条件が、さらに厳しくなりかねません。

消化率をチェックするには、まず「プロモーション規約」をタップします。

そして規約ページで「フリースピンについて」という見出しが表示されるあたりまでスクロールしてください。
「フリースピンについて」の少し上の文章に「こちらから」という文字にリンクが設定されているのでタップします。

すると以下の通り「コントリビューション」というページに遷移しました。

検索窓にゲーム名を入力することで、すぐに自分が知りたいスロットの消化率をチェックすることができます。

外部リンク:コンクエスタドール【コントリビューション】

例えばQuickspin社の『Big Bad Wolf Christmas Special』については、消化率が70%であることが分かりました。

効率的に出金条件を消化したいならば、なるべく消化率が100%のゲームをプレイするのがおすすめです。

コンクエスタドールのボーナスは別ページでまとめているぜ!

ボラティリティごとの並び替え機能を活用する

コンクエスタドールカジノにはボラティリティごとにスロットを並び替える便利な機能があります。

それぞれのフィルタは以下のような意味合いです。

More Wins勝利回数が多い(=ボラティリティが低い)
Medium Wins勝率も配当も標準(=ボラティリティが高くも低くもない)
Bigger Wins高額配当が狙える(=ボラティリティが高い)

特定のスロットをプレイすると決めている訳ではない場合には、うまくボラティリティフィルタを活用しましょう。

ボーナス保有時のフリースピン購入は危険

スロットと言えばフリースピン購入機能が大きな魅力の1つです。
しかし、コンクエスタドールカジノのボーナス保有時には、フリースピン購入オプションを利用することはあまりおすすめできません。

規約上はボーナス残高の20%までは一括ベットができるため、フリースピン購入オプションが絶対にNGというわけではありません。

しかし、実際のベットにはリアルマネーとボーナスマネーの双方から拠出されるため、かなり管理が難しくなるという特徴があります。

気づかぬ間にベットリミットを超過した賭けを行っていた、というような事態にもなりかねません。

コンクエスタドールカジノのボーナスはオンラインカジノ業界全体で見ても、最も仕様が分かりづらいという印象です。

余計な思考を巡らせていても仕方がないので、ボーナス保有時にスロットをプレイする場合は、ベースゲームからの勝負を徹底しましょう。

トーナメント対象スロットを選ぶと一石二鳥

コンクエスタドールカジノのスロットで稼ぐなら、トーナメント対象ゲームをプレイするのがおすすめです。
トーナメントで上位に入れば、ゲームでの勝利金とは別に賞金を手にすることができます。

コンクエスタドールカジノのトーナメントについては別記事で詳しく解説しているわよ!

コンクエスタドールカジノのトーナメント賞金は基本的に出金条件なしのリアルマネーとして進呈されるため、せっかく獲得した賞金をみすみす失ってしまう心配がないのも魅力です。

コンクエスタドールカジノでは定例トーナメントに加えて、随時開催のトーナメントも非常に多くあります。そこまでユーザー数も多くないだけに、穴場トーナメントを狙えばそれほど労せずとも上位を狙えるかもしれません。

コメント

コメントする

目次
閉じる