オンラインカジノは学生でもできる?高校生・大学生は遊べるってホント?

オンラインカジノは、ご存じのとおりギャンブルです。

日本の場合、パチンコは18歳から、競馬や競艇などの公営ギャンブルは20歳からと定められています。
オンラインカジノは、満18歳からアカウントト登録することができます。

しかし、18歳でも学生の場合はオンラインカジノで遊べることができるのか気になりませんか?
当記事では、オンラインカジノは学生でも利用できるのか、詳しく解説していきます。

目次

オンラインカジノは学生でもできる?

オンラインカジノは、皆さんも知っている通りギャンブルの一種です。
なので、学生は利用できないと考える方もいるのではないでしょうか。

実は、オンラインカジノは学生であっても遊ぶことができます。
ここからは学生の利用について、オンラインカジノの登録条件から詳しく解説していきます。

オンラインカジノは学生でも遊ぶことができる

オンラインカジノには、当人の職業は関係なく登録することができます。

オンラインカジノへの登録は18歳以上からとなっていますが、正社員やアルバイト・パートで収入を得ているなどの条件はありません。

なので、学生でもオンラインカジノで遊ぶことが可能です。
ちなみに、数え年で18歳ではなく、誕生日を迎えた日で満18歳にならないといけないので、 注意しましょう。

高校生でも18歳以上なら登録可能

先ほど、学生でもオンラインカジノで遊ぶことはできると紹介しましたが、ん高校生であっても18歳以上なら登録できます。
18歳以上であれば、誰でもアカウント登録をすることが可能なので、高校生でも18歳以上ならば、オンラインカジノで遊ぶことができます。

オンラインカジノの年齢制限

先ほども説明した通り、 オンラインカジノには年齢制限があります。
日本の場合は、18歳以上から利用可能となっています。

実際は、インターネット上で年齢確認を行うことは難しいので、高額の入金や出勤の際に身分証明を求める場合がほとんどです。

オンラインカジノに ID を提出する際は、いらない情報を送らないことを国が推奨しています。
身分詐欺の被害を避けるためにも、必要のない個人情報を公開することは控えましょう。

年齢詐称はバレる?

オンラインカジノに興味を持った方の中には、
「18歳未満だけどアカウント登録の時に嘘の登録をすれば、遊ぶことができるのではないか?」
と考える方もいるはずです。

先に結論から言うと、年齢を偽って遊んでも必ずバレます。
ここからは、オンラインカジノではなぜ年齢詐称がバレるのか、詳しく解説していきます。

18歳以下でも年齢を偽って登録することができる

大前提として、年齢を偽ってオンラインカジノにアカウント登録することは可能です。
アカウント登録をする時には本人確認が行われないので、生年月日を変えることで年齢を偽って登録することができます。
なので、実際には18歳以下でも、年齢詐称すればオンラインカジノで遊ぶことができます。

本人確認で年齢詐称がバレる

18歳未満の方でもアカウントを作り、さらには同姓同名の人のクレジットカードを借りて入金することもできます。
しかし、あなたが年齢を偽ってことがバレる瞬間は確実にあります。

それは、本人確認手続きの段階です。

オンラインカジノの場合、アカウント登録時に本人確認は行われませんが、初めて出勤申請をするときなどに必ず本人確認を行わなければいけません。

その際には、運転免許証やパスポートなど公的身分証明書を提出する必要があります。
公的身分証明書には、必ず生年月日が記載されているので、このような情報をどう頑張っても移動することはできません。

年齢詐称で受ける処分

オンラインカジノに限らず、年齢を偽ってアカウントを登録した場合も、立派な規約違反となります。
規約違反をした場合、オンラインカジノによって実際の処分が変わります。

  • 資金の没収
  • アカウントの凍結
  • アカウントの閉鎖

規約違反をした場合、このあたりの処分が考えられます。

処分の程度が軽い場合は、制限年齢に達するまでアカウントが凍結される処分で済む場合があります。
しかし程度が重くなると、 アカウントが閉鎖されてしまい、その後年齢条件をみたしてもアカウントを再開できなくなる可能性もあります。

もちろん、別のアカウントの作成もできないので、 実質そのオンラインカジノで遊ぶことができなくなります。
ちなみに、オンラインカジノは年齢を偽って登録したというだけでは、 警察に逮捕されるというような心配はありません。

あくまでも、そのオンラインカジノ内の処分に留まるので、他のオンラインカジノが利用できなくなるということもありません。

学生の場合税金に注意

オンラインカジノで遊んでいると、収入が増える可能性もあります。
そうなってきた場合は、学生でももちろん税金を払わなければいけません。

ここからは、学生のオンラインカジノ収入と税金について詳しく解説していきます。

オンラインカジノ収入でも税金を払わなければいけない

オンラインカジノで収入を得ている場合、一定金額を超えたら確定申告を行って税金を支払わなければいけません。
オンラインカジノは、「一時所得」に分類されます。

一時所得とは、懸賞やクイズの賞品、競馬の払戻金や生命保険の満期保険なども含まれます。
以下の条件を満たす所得を「一時所得」になります。

  • 一時的な所得であること
  • 働いたことによって得た所得ではないこと
  • 資産の売却によって得た所得ではないこと
  • 営利を目的とする継続的な行為が生じたものではないこと

オンラインカジノ収入のみの場合

オンラインカジノの収入がある場合、年度末に確定申告を行わなければいけません。
学生の場合、両親の扶養に入っているので基礎控除額である48万円を上回る収入hがあると、扶養から外れてしまいます。

そして、先ほども説明した通りオンラインカジノは「一時所得」に分類されます。
一時所得の控除額は、50万円となっています。

一時所得-控除額(50万円)≦48万円

なら、確定申告を行わなくても問題ありません。
つまり、オンラインカジノ収入だけの場合、98万円までの収益でなければ、確定申告を行わなくて大丈夫です。

また、住民税の基礎控除額は43万円なので、オンラインカジノで93万円以上の収入でなければ、確定申告の必要もなくなります。

ですが、学生の中にはアルバイトも行っているという方も多いのではないでしょうか?
アルバイトをしている場合は、給料によって計算が変わってくるので、注意しましょう。

たとえば、バイトで年間100万円稼いでいるとします。
給与控除は65万円なので、所得は35万円として計算することができます。

次に、オンラインカジノの控除額は50万円なので、

オンラインカジノの収益-控除額(50万円)+給与控除額後の所得(35万円)≦48万円

ということになるので、63万円までなら両親の扶養から外れることはありません。

まとめ

今回は、オンラインカジノは学生でも利用できるのか、解説していきました。
オンラインカジノには、18歳以上から登録することができるので、学生でも遊ぶことができます。

登録する際に本人確認がなにので、年齢詐称して登録することができますが、出金時に公的身分証明書での本人確認が必要なので、必ずバレてしまいます。

資金の没収
アカウントの凍結
アカウントの閉鎖

バレてしまうと、上記などの処分が与えられるので、年齢詐称して遊ぶことはおすすめしません。
また、オンラインカジノは「一時所得」の部類になるので、確定申告を行って税金を払わなければいけないので注意しましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる