【漫画あり】オンラインカジノとは?【初心者は必見!】

Squeeze Baccarat(スクイーズバカラ)のゲームの流れと遊び方

Playtechの『Squeeze Baccarat』は通常のスクイーズバカラに、特殊な賭け式を搭載しているのが魅力です。
本記事ではPlaytechの新作『Squeeze Baccarat』について詳しく解説してみました。

目次

Squeeze Baccarat(Playtech)の基本スペック

ゲーム名Squeeze Baccarat
プロバイダPlaytech
リリース年2022年
還元率賭け式による(最大98.54%)

『Squeeze Baccarat』は2022年にPlaytechがリリースしました。単にスクイーズが楽しめるというだけではなく、豊富なサイドベットを搭載している点に大きな特徴があります。

「通常のバカラは淡白だから少し飽きてしまっている」というようなプレイヤーにとっては、プレイしてみる価値も大きいバカラです。

Squeeze Baccarat(Playtech)のルール

Squeeze Baccaratをプレイする上で知っておきたい基本のルールを紹介します。

8デッキを使用

Squeeze Baccaratでは8デッキを利用します。つまりトータルで416枚(=52枚×8デッキ)が利用されるということです。

またデッキを半分くらい使用した時点で、デッキの入れ替えが行われます。
したがって、カードカウンティングをしようと思ってもあまり意味はありません。

PLAYERとBANKERのハンドを比較

Squeeze BaccaratはPLAYERとBANKERのハンドを比較して、どちらのハンドが強いかを予想するゲームです。2枚もしくは3枚のカードを合計した数値の一の位が大きい方が勝利となります。

なお、各カードの数え方は以下の通りです。

カードの数値・文字ポイント
A1
2~9数字通り
10、J、Q、K0

例えば上記の場合、PLAYERではAと6が配られたため、ハンドの点数は7(=1+6)となります。一方でBANKERは10が3枚配られているため、ハンドの点数は0(=0+0+0)です。

Squeeze Baccarat(Playtech)の賭け方・配当

Squeeze Baccaratには様々な賭け方があります。賭け方ごとの配当について、詳しく解説します。

PLAYER

PLAYERに賭けて勝利した場合には、2倍の配当が得られます。

BANKER

BANKERに賭けて勝利した場合は、5%のコミッションが差し引かれて1.95倍の配当が得られます。

TIE

PLAYERとBANKERのハンドの点数が同点になるTIEを的中した場合には、9倍の配当が得られます。

なお、PLAYERかBANKERいずれかにベットした上で結果がTIEだった場合、ベットは不成立となり、ベット額が満額返金されます。

PLAYER PAIR/BANKER PAIR

PLAYER PAIR/BANKER PAIRは、PLAYERとBANKER双方に最初に配られる2枚のカードが同じ数字だった場合に的中となります。的中時の配当は12倍です。

いずれかのペア

いずれかのペアに賭けた場合、PLAYERとBANKERのどちらかでペアが成立していると6倍の配当を獲得できます。

PERFECT PAIR

PERFECT PAIRはPLAYERもしくはBANKERのいずれかで、全く同じカードが2枚配られていた場合に的中となります。的中時の配当は26倍です。

数字のみならずスートも同一である必要があるため、通常のペアよりも難易度は高くなります。

ビッグ

ビッグは1ゲームで配られるカードの枚数が5枚もしくは6枚になることを予想する賭け式です。的中時には1.54倍の配当が得られます。

スモール

スモールはビッグの逆で、1ゲームでトータル4枚のカードしか配られないことを予想する賭け式です。的中時には2.5倍の配当が得られます。

エガリテ

エガリテはSqueeze Baccaratの特徴的な賭け式です。エガリテはタイの応用版で、タイになるハンドのポイントも予想します。そしてポイントごとに配当倍率は以下の通り設定されています。

ポイント配当倍率
0151倍
1216倍
2221倍
3201倍
4121倍
5111倍
646倍
746倍
881倍
981倍

最大で221倍配当を狙えるということで、一獲千金狙いのプレイヤーにはおすすめです。

Squeeze Baccarat(Playtech)の還元率

Squeeze Baccaratの還元率は賭け式ごとに異なります。

賭け式還元率
PLAYER98.76%
BANKER98.94%
TIE85.64%
PLAYER PAIR/BANKER PAIR86.94%
PERFECT PAIR86.97%
いずれかのペア86.29%
ビッグ95.65%
スモール94.72%
エガリテ87.55%~93.61%

還元率だけを比較した場合は、BANKERへの賭けが最も有利です。一方でTIEは他のサイドベットと比較してもかなり低い還元率となっているため、積極的にはベットしないようにしましょう。

Squeeze Baccarat(Playtech)のゲームの流れ

Squeeze Baccaratのゲームの流れをステップごとに解説します。

ステップ①ベットする

まずは的中しそうな賭け式のゾーンにチップを置きましょう。ライブバカラなので、賭け時間には制限があります。基本は15秒程度です。ベットミスがないように気を付けてください。

なお、Squeeze Baccaratではメインベット(PLAYER、TIE、BANKER)をせずにサイドベットだけで賭けることもできます。

ステップ②カードが配布される

まずはPLAYERとBANKERにそれぞれ2枚ずつのカードが配布されます。そしてPLAYERとBANKERいずれかのカードはすぐに2枚とも表向きに返されます。

ステップ③カードがスクイーズされる

すぐに表向きにならなかった方のハンドは、まず1枚のカードが表向きになります。

そしてもう1枚はディーラーがゆっくりと各方面からチラ見せしてくれるのが特徴です。

プレイヤー自身がスクイーズすることはできないものの、「どんなカードが出るのか」というワクワク感を高めてくれます。

ステップ④3枚目のカードが追加される(ケースバイケース)

それぞれのハンドの状況に応じて、3枚目のカードが追加されることもあります。具体的に3枚目のカードが追加される条件は以下の通りです。

ステップ⑤結果が確定する

そして結果が確定します。見事に賭けが的中していた場合には、賭け式に応じた倍率で配当を獲得することができます。

Squeeze Baccarat(Playtech)の攻略法

Playtechの『Squeeze Baccarat』を攻略するのにおすすめなのが、エガリテの全賭け式だけにベットするという手法です。

見事にTIEが的中していれば、必ず配当を獲得することができます。そしてTIEにベットするよりもお得に稼げるという点は見逃せません。

例えば10ドルをTIEだけにベットした場合と、エガリテの各賭け式に分配した場合の払い戻し金額を比較してみましょう。

結果TIEエガリテ
0でTIE90ドル151ドル
1でTIE90ドル216ドル
2でTIE90ドル221ドル
3でTIE90ドル201ドル
4でTIE90ドル121ドル
5でTIE90ドル111ドル
6でTIE90ドル46ドル
7でTIE90ドル46ドル
8でTIE90ドル81ドル
9でTIE90ドル81ドル

10パターンのうち6パターンで高額の払い戻しを受けられることを踏まえると、やはりTIEに1点ベットするよりも、エガリテで分散ベットをした方がお得であることが分かるはずです。

コメント

コメントする

目次
閉じる