【必見】最強決定!オンラインカジノおすすめランキング

コニベットのリベンジボーナス(初回入金ボーナス)を徹底的に解説!

コニベットにはリベンジボーナスという名前のボーナスがあります。
リベンジボーナスは新規登録者向けのお得なボーナスです。

\ 20ドル入金不要ボーナスキャンペーン中 /

新規登録で20ドルの入金不要ボーナスを受け取れるぞ。
コニベットカジノ公式サイトに急ぐのじゃ。

この記事ではコニベットのリベンジボーナスの内容や受け取り方などを詳しく解説しているので、参考にしてください。

人気記事:コニベットのボーナス完全解説(別ページへ)

目次

コニベットのリベンジボーナス=初回入金ボーナス

リベンジボーナスとはコニベットの初回入金ボーナスのことです。
したがってアカウント登録後最初の賭けのみが対象となります。

通常のリベンジボーナス内容

リベンジボーナスは最大500ドルの50%キャッシュバックという内容です。
入金後にリアルマネーを使って残高が0ドルになった場合、入金額の半額が500ドルまで返金されます。

入金額に応じてもらえるリベンジボーナスの金額は以下の通りです。

入金額リベンジボーナス(キャッシュバック)額
100ドル50ドル
500ドル250ドル
1000ドル500ドル
1100ドル500ドル

上限が500ドルなので、1001ドル以上を入金してもキャッシュバック金額は増えません。
リベンジボーナスを最大限活用したいならば、初回に1000ドルを入金するのがおすすめです。

登録から3日間のみ有効なリベンジボーナス内容(コニたんマジ天使)

アカウント登録から3日間は「コニたんマジ天使」というリベンジボーナスよりもお得な内容のキャッシュバックがもらえます。

「コニたんマジ天使」は最大650ドルの65%キャッシュバックという内容です。入金後にリアルマネーで賭けて残高が1ドル未満になると、最大650ドルまで入金額の65%がキャッシュバックされます。

キャッシュバック内容がお得になる一方で、不利になる条件は一切ありません。したがって可能ならば、なるべくアカウント登録から3日以内に初回入金を済ませておきましょう。

リベンジボーナスの出金条件は0倍

リベンジボーナス、コニたんマジ天使ともに出金条件は0倍です。
したがってキャッシュバックを受け取った後は、そのまま出金することができます。

もちろんもう一度賭けに利用して、損失額分を取り戻そうとするのもOKです。ボーナスマネーではなくリアルマネーとして進呈されるので、禁止ゲームや禁止行為もありません。

コニベットのリベンジボーナス受け取り方

コニベットのリベンジボーナスを受け取る際には、いくつかのステップを経る必要があります。
きちんと手続きをしないとリベンジボーナスをもらえないので注意してください。

初回入金を済ませる

まずは初回入金を済ませましょう。
コニベットでは以下のような方法で入金ができます。

  • 銀行振込
  • エコペイズ
  • ベガウォレット
  • タイガーペイ
  • スティックペイ
  • アイウォレット
  • クレジットカード
  • 仮想通貨

なるべく1000ドル分を入金しておくのがおすすめです。

ライブチャットに合言葉を送信する

入金が完了したら賭けを行う前に、ライブチャットでサポートに合言葉を送信します。

合言葉はボーナスの種類ごとに以下の通りです。

ボーナスの種類合言葉
通常のリベンジボーナス【リベンジボーナスを申請します】
コニたんマジ天使【リベンジボーナスKMTを申請します】

入力ミスがないように、そのままコピー&ペーストしてしまうのがおすすめです。そして少し待てばリベンジボーナスの申請が承認されます。ちなみにコニベットのライブチャットは24時間365日稼働しているので、いつ問い合わせてもOKです。

ゲームでプレイして残高が1ドル未満になる

承認が完了したら、実際にゲームでプレイしましょう。ゲームでプレイする際は後述するベットルールを守らなければなりません。

そしてプレイを通じて大負けして残念ながら残高が1ドル未満になると、リベンジボーナスを受け取る権利を得ます。

再度チャットでリベンジボーナスを申請する

ゲームでのプレイを通じて残高が1ドル未満になったら、再度ライブチャットにてリベンジボーナスを申請しましょう。基本的にはすぐに申請が承認されて、メインウォレット(リアルマネーウォレット)に入金額の50%分がキャッシュバックとして進呈されます。

負けてもリベンジボーナスをもらえないケース

コニベットのリベンジボーナスは残高が1ドル未満になれば必ずもらえるという訳ではありません。
後述するようなケースに当てはまった場合はリベンジボーナスをもらえなくなります。

チャットに申請する前に賭けを行った

ライブチャットに申請をして承認を得るよりも前に賭けを行った場合は、残念ながらリベンジボーナスを受け取る権利がなくなります。

  1. 入金する
  2. ライブチャットに合言葉を送信する
  3. ライブチャットで申請が承認される

入金後にすぐプレイしたくなる気持ちは分かりますが、必ず上記の段階を経てから賭けを行うようにしてください。

ゲームジャンルごとのベットリミットに違反した

入金が完了した後はリベンジボーナスを受け取るまで、以下のベットリミットの範囲内でプレイする必要があります。

ゲームジャンルベットリミット
ライブカジノ25ドル
スロット、シューティングゲーム10ドル

1回でもベットリミットをオーバーした賭けを行ってしまうと、リベンジボーナスはもらえません。スロットのフリースピン購入機能自体は利用できるものの、購入金額が10ドルを超えないように注意してください。

例えばRelax Gamingの『マネートレイン2』ならステイクを0.10ドルに設定すると、10ドルでフリースピンを購入できます。

リベンジボーナス受け取り前に禁止ゲームでプレイした

ビデオカジノ(テーブルゲーム)およびオリジナルスポーツは禁止ゲームです。またゲーム画像に禁止アイコンがついているゲームも禁止ゲーム扱いとなります。

禁止ゲームをプレイした場合も、リベンジボーナスを受け取る権利がなくなります。
プレイする前に必ず禁止ゲームの対象でないことを確認しておきましょう。

なお入金額が1ドル未満になってリベンジボーナスが進呈された後は、禁止ゲームも含めてすべてのゲームでベットリミットなしの賭けを楽しむことができます。

チャットでの承認から72時間以上が経過した

コニベットのリベンジボーナスはチャットで承認を受けてから72時間が有効期限です。

例えば10月11日の正午にチャットで承認を受けた場合には、10月14日正午が有効期限となります。

チャットでの承認後72時間を経過した時点で残高がある場合はリベンジボーナスをもらえません。また残高が1ドル未満になっていても72時間以内に再度チャットで申請をしていない場合も、リベンジボーナスがもらえなくなります。

決して余裕のある期限設定とは言えないので、承認を受けた後はなるべく早めに賭けを行うのがおすすめです。

リベンジボーナスを受け取る前に追加で入金した

リベンジボーナスを受け取る前に追加で入金した場合も、キャッシュバックを受け取る資格がなくなります。
例えば入金した500ドルの残高が尽きたので再度500ドルを入金して全額なくなったという場合、1セントたりともリベンジボーナスをもらえないということです。

初回に入金した資金が全額なくなってしまった場合には、先にリベンジボーナスを受け取った上で追加の入金をするようにしてください。

リベンジボーナスを受け取る前に出金した

初回入金後に出金した場合もリベンジボーナスをもらえません。

そもそもリベンジボーナスは負けた時の損額補償としての意味合いがあるボーナスなので、出金した(=勝った)プレイヤーが対象外となるのはイメージしやすいでしょう。

コニベットでリベンジボーナスをもらえるのは、あくまでもゲームで負けまくった末に残高が1ドル未満になったプレイヤーのみとなります。

リベンジボーナスの配布が終了した

コニベット公式サイトのリベンジボーナスのプロモーション案内には「先着300名様がボーナスを申請すれば、ボーナスを一度停止いたします。」との記載がみられます。

したがって受取人数が上限に達すると、リベンジボーナスをもらえないかもしれません。

とはいえかれこれ2年近くリベンジボーナスは継続し続けているので、恐らくですが今後もリベンジボーナスの配布が続くと思われます。一応プロモーションが終了する可能性もゼロではないということを頭に入れておくだけでOKです。

KYCが完了していないとリベンジボーナスを出金できない

リベンジボーナスを受け取っても出金できなければ意味がありません。
コニベットではKYC(本人確認)が完了していないアカウントからは出金できないというルールがあるので、KYCも済ませておきましょう。

出金の際はKYC認証が必要となります。

Re:Konibet リベンジボーナス

KYCでは以下のような書類をアップロードする必要があります。

書類の種類書類の例
公的身分証明書運転免許証・パスポート・マイナンバーカード
住所確認書類クレジットカードの利用明細書・住民票・公共料金の領収書

各書類はマイアカウントの「KYC」というページからアップロード可能です。

ちなみにコニベットのKYCにかかる審査時間は比較的短いということでユーザーから良い評判を集めています。

コメント

コメントする

目次