【漫画あり】オンラインカジノとは?【初心者は必見!】

KKPOKERは違法?それとも合法?日本人の利用には危険性あり!

KKPOKERっていう面白そうなサイトを見つけたわ!

面白そうなポーカーサイトを見つけたな僧侶よ!今回はKKPOKERの違法性や日本人でも安全に遊べるのか一緒にみていこう!

KKPOKERは2019年にポーカー専門のオンラインカジノとして運営を開始している業者です。

オンラインカジノ業界が盛り上がりを見せる中、ポーカーに特化したオンラインカジノとして日本のポーカープレイヤーだけでなく、これまでオンラインカジノをプレイしていたユーザーからも注目を浴びています。

そんな中で新たにKKPOKERを利用してみたいというユーザーも多くなってきていますが、気になるのは「リアルマネーを賭けるポーカーは違法ではないか」ということでしょう。

そこで、今回はKKPOKERは日本で違法なのか合法なのか、そして日本での利用に危険性はないのかどうかを分かりやすく解説していきます。

KKPOKERの評判については別記事で詳しく解説しています。

目次

KKPOKERは違法?それとも合法?

まずはKKPOKERの違法性について考えていくぞ!

安全かどうか見極めるには、日本の法律と、業者が取得しているライセンスが大切でしたね!

一番初めに伝えておきたいことですが、結論として、KKPOKERは日本では違法とも言えず、合法とも言えないという、なんとも微妙なラインに立っている業者だということです。合法ではないのですが、規制や取り締まることのできる法律がありません。

KKPOKERの違法性を考えるために、KKPOKERに適用される日本の法律と、KKPOKERが取得しているライセンスの信頼性について確認していきます。

KKPOKERに適用される日本の法律

ポーカーや賭博に少しでも興味を持ったことがある人ならわかるように、日本でのポーカーはアミューズメントポーカーという、最後に換金することができないチップを購入してプレイし、会話などのやり取りを楽しみながらプレイするポーカーが行われています。

これは日本の刑法185条(賭博法)で定められている、

賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処せられる

刑法185条本文

参考:e-GOV法令検索 刑法第185条(賭博)

という法律によってリアルマネーを利用した賭け事が違法とされているためです。さらにこれだけでなく、

賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

刑法第186条本文

リアルマネーを利用した賭け事を開帳(主催)するこも違法とされています。

えっ。じゃあKKPOKERって絶対違法じゃん。

KKOPOKERは日本の賭博に関する厳しい法律をうまく抜けているんだ。

日本の法律ではKKPOKERは完全に違法のようにみえます。しかし、KKPOKERは、日本で運営されていないので、日本の法律が適用されません。

KKPoker は、KKPoker, 49 Victoria Street, Douglas, Isle of Man, IM1 2LD が所有するブランド、および商標です。

KKPOKER公式サイト:会社概要

会社概要から確認できるKKPOKERの運営元は「マン島」です。マン島はイギリス王室の属領ではありますが、独立性が強く、マン島独自の法律が適用されています。

つまり、KKPOKERに適用されるのは「マン島」の法律となるため、日本の法律では違法でも、運営元にそれを適用することはできません。

KKPOKERはマン島政府が定める「The Online Gambling Regulation Act (オンラインギャンブル規制法)」に基づき「Isle of Man Gambling Supervision Commission」が発行する正規ライセンスを取得しています。

いや英語ばっかりで全然分からへんのやけど

簡単に言えば、マン島政府の法律に従って合法的に運営されている会社ってことやで!

KKPOKERが取得しているライセンスの信頼性

日本の法律から逃れてマン島でコソコソ違法なことに手を染めている危険な業者なのでは…?

KKPOKERがマン島で運営されており、日本の法律は適用できません。危険性がなく安全に利用できるかどうかを確認するには「ライセンス」が信頼できるものかどうかをみるといいでしょう。

KPOKERは「Isle of Man Gambling Supervision Commission」が発行するライセンスを取得しているということでした。これはKKPOKER公式サイトの一番下にあるフッター部分から確認することができます。

なんかいっぱいロゴみたいなのが並んでいますね。これがライセンス?

実際に押してみるとライセンスを確認することができます。ここでKKPOKERの安全性を確認できる資料は2つ。

「マン島政府の認可の下発行されるライセンス」「ゲームシステムを監視する機関が発行する証明書」

この2つの資料でKKPOKERの危険性を判断できます。

マン島政府認可の下に発行されるライセンスは、マン島政府の公式ウェブサイト内のライセンスホルダー一覧ページ(ライセンス所有者一覧)から確認できます。ページ内ではオンラインカジノ業界では大手の「SBOBET」や「188BET」などとともに「KKPOKER」がライセンスを取得している業者だということが分かります。

有名カジノと同じライセンスで運営されているということからより安全性を感じられるな!

そしてKKPOKERで提供されるゲームシステム(提供元:AceKingIOM Limited)は「Gaming Laboratories International、LLC(GLI)」によって常に監視され、不正がないかチェックするシステムに合格し続けています。

また英語かいな…。GLIってなに?

GLIはオンラインゲーミング業界の提供元やゲームシステムの技術的正当性を試験・監督する世界的な機関で、日本でもパチンコやスロット等の遊技機を一般社団法人GLIJapanが国家公安委員会から指定されて試験・監督をしています。

オンラインゲーミング業界の平和を守る世界規模の監視機関なのだ!

KKPOKERを日本人が使う危険性は?

KKPOKERがマン島の法律に下で安全性の高い信頼できるライセンスを取得して合法的に運営されていることがわかりました。

あれ?でも実際にポーカーをプレイしている日本人は、日本国内にいるのよね?日本の法律が適用されてしまうのでは?

良いポイントに気がついたな僧侶!ここではKKPOKERを「日本人が使う」場合の危険性について考えていこう!

KKPOKERの運営元自体は安全です。しかし実際にポーカーをプレイする日本人プレイヤー自身は日本の法律から守られるのでしょうか?

賭博罪の適用範囲がポイント

日本で日本人が利用する場合の安全性は賭博罪の適用範囲を考えることで分かります。少し日本で報道されるニュースを思い出してみてください。

賭博罪で逮捕される人は、まず賭博を提供している店舗が摘発され、それから店舗を利用していた利用者が芋づる式に逮捕されていきます。

店舗摘発、そして利用者も、芋づる式に。つまりっ…!

日本の法律は賭博を提供している胴元と利用者の摘発をセットにして適用されます。(と解釈されています。)

海外で運営されている胴元を摘発することはできない上に、合法的に運営されているため、KKPOKERを利用している利用者だけを摘発することが難しく、言葉そのまま、「なんともできない」状態です。

だがしかし!KKPOKERには危険と言えるポイントがある!

日本人でも遊べるが、危険性はある

ここまで解説を読んで、なんとか安心して利用できそうに思えるKKPOKERですが、

「危険性がある、気になるシステムが存在します。」

それがゲーム内で「プライベートゲーム」を「プレイヤーが主催できる」という点です。
(参照:KKPOKERで自分だけのポーカークラブを運営しよう!)

プレイヤー自身がクラブを作ってゲームを主催?なんだか危険な香りがしてきました。

プレイヤー自身が「クラブ」と呼ばれるチームのオーナーとなり、クラブ内でプライベートゲームを主催することが可能であるため、ゲーム内のテーブルが全て日本人、主催者も日本人、そしてリアルマネーを賭けているという状況が成立します。

システム自体はKKPOKERのものを利用しているとしても、このプライベートゲームには他のゲーム以上のリスクがあるように感じられます。

現在までKKPOKERを利用していて逮捕されたという情報は全く無いので今のところは安心して遊ぶことができるKKPOKERですが、今後の規制次第ではまずプライベートゲームができるという部分について目をつけられるということは避けられないでしょう。

オンラインカジノおすすめサイトランキングで紹介するような、さらに安心して遊べるオンカジのを選んでほしい!

コメント

コメントする

目次
閉じる