【漫画あり】オンラインカジノとは?【初心者は必見!】

Gates of Valhallaスロットを攻略!【スペックを徹底解説】

Gates of Valhallaは2022年2月22日に新規でリリースされたPragmatic Play製のスロットです。
本記事ではGates of Valhallaの特徴を詳しく解説してみました。

目次

Gates of Valhallaの基本スペック

プロバイダPragmatic Play
リール数5×5
ライン数10ライン
オートプレイ10回・20回・30回・50回・70回・100回・500回・1000回
高速スピンあり
ジャックポットなし
フリースピンあり
フリースピン購入機能あり(ベット額の100倍で購入可能)
ペイアウト率(RTP)96.46%

Gates of Valhallaの基本スペックは上記の通りです。Pragmatic Play独自の基準によるボラティリティは最高レベルに設定されているため、大きな勝利金を得られる可能性を秘めています。

Pragmatic Play社製のスロットということもあり、リリースして間もない時期からも既に高い評判を得ています。

リール構成・ペイライン

Gates of Valhallaは5×5のリール構成です。
ペイラインは縦5ライン、横5ラインのトータル10ラインがあります。

縦方向に固定のペイラインがあるという点は、他のビデオスロットにはあまり見られない特徴です。

最大勝利倍率

Gates of Valhallaでは理論上最大で1万倍の配当が成立する可能性があります。

Gates of Valhallaのプレイを通じて賞金が増えていき、ベット額の1万倍に達した時点でカンストとなりゲームは強制終了です。

同じくPragmatic Play製の『Fruit Party』や『Gates of Olympus』などではカンスト事例も割と多くあるだけに、『Gates of Valhalla』でも頻繁にカンストすることも期待できます。

Gates of Valhallaの遊び方(操作方法)

Gates of Valhallaをプレイする上で知っておくべきゲーム操作をいくつか紹介します。

ベット額調整

ベット額を調整したい場合は、画面右下の「+」もしくは「-」のボタンをクリックしてください。

「+」をクリックするとベット額を増額、「-」をクリックするとベット額を減額することができます。

サウンドの調整

画面左下にあるスピーカーのアイコンをクリックすると、サウンドの音量を調整できます。

周囲に人がいる状況などでは、うるさくなりすぎないように注意してください。

手動スピン

画面右下にある丸いボタンをクリックすると、手動でのスピンを行うことができます。

1スピンずつじっくりプレイしたい場合は、手動スピンを活用しましょう。

オートスピン

手動スピンボタンの下にある「オートスピン」をクリックすると、自動でのスピンができます。

最大で1000回まで自動でプレイできるため、放置プレイをしたいという時には便利です。

高速スピン(クイックスピン)

高速でスピンしたい場合は、画面左下の三本線メニューアイコンをクリックしましょう。

そして「クイックスピン」をオンにすると、余計な演出はカットされ、スピードプレイを楽しむことができます。

Gates of Valhallaのベースゲーム

Gates of Valhallaのベースゲームにおけるルールを詳しく解説します。

配当シンボル

配当シンボルは上記の7種類があります。
顔のシンボルが高配当、トランプのスートのシンボルが低配当とイメージしておきましょう。

特殊シンボル

Gates of Valhallaの特殊シンボルは、ワイルドシンボルとフリースピンシンボルの2種類があります。

ワイルドシンボルは配当シンボルのすべてを代用するため、配当成立には重要な役割を果たすシンボルです。
フリースピンシンボルは後述するフリースピン獲得のトリガーとなります。

配当成立条件

Gates of Valhallaでは、ペイライン上で同じシンボルが3つ以上隣接している場合に配当成立となります。

例えば上記のケースでは、第4リールでハートのシンボルが縦に4つ並んでいるために配当成立となりました。

カスケード機能

Gates of Valhallaはカスケード機能を有しています。
したがって成立した配当シンボルは消去され、上から新たなシンボルが落下してくるのが特徴です。

うまく繋がると連鎖により1スピンでも大きな配当を手にできる可能性があります。

ワイルドシンボルのマルチプライヤー

ワイルドシンボルが絡んで配当が成立すると、1倍ずつマルチプライヤーが上昇します。

配当が成立してもワイルドシンボルは消えずにリール内で1マス移動するだけなので、連鎖が続けば続くほど、さらに連鎖が生まれやすく、さらにマルチプライヤーによってお得に稼げるチャンスも広がるのが特徴です。

なおワイルドシンボルのマルチプライヤーは最大5倍までしか上昇しません。
5倍で配当を成立させた場合は、他のシンボルと同様に爆発してリールから消えます。

Gates of Valhallaのフリースピン

Gates of Valhallaで稼ぐためには、やはりフリースピンが非常に重要です。
フリースピンの獲得方法やフリースピン中のフィーチャーについて、詳しく解説します。

フリースピンの獲得条件

フリースピンはフリースピンシンボルが同時に3つ以上出現すると獲得できます。

フリースピンシンボルの出現数に応じてもらえるフリースピン回数は以下の通りです。

フリースピンシンボルフリースピン回数
3個10回
4個12回
5個15回

フリースピンの直接購入

Gates of Valhallaではベット額の100倍を支払えばフリースピンを直接購入することもできます。
即フリースピンに突入したい場合は、画面左の「フリースピンを購入」をクリックしましょう。

一気に大きな金額をベットするためリスクはありますが、かなり大きなリターンも期待できます。

フリースピン中のマルチプライヤー

Gates of Valhallaでは配当が成立する度に1倍ずつマルチプライヤーが上昇します。

Pragmatic Playと言えばマルチプライヤー上昇が大きな特徴ですが、配当成立の度に上昇というタイプは珍しいので、慣れないかもしれません。

配当が続けば続いた分だけ高倍率のマルチプライヤーが適用されるため、スピン終盤ほどビッグウィンのチャンスも大きくなります。

フリースピン追加条件

フリースピン中にフリースピンシンボルが3つ以上出現すると、追加で10回のスピンを得ることができます。
上乗せ可能なスピン回数に上限はありません。

スピン回数を重ねるごとに配当期待値も大きくなる機種なので、スピンの追加は大勝利の可能性を高めてくれます。

Gates of Valhalla攻略のためのポイント

Gates of Valhallaを攻略するために知っておきたい情報をいくつか紹介します。

フリースピン購入の勝率は10%程度

実際に筆者が100倍のベットによりフリースピンを10回購入したところ、ベット額以上の勝利金を回収できたのは1回だけでした。
もちろんその時々によって勝敗は異なるものの、かなり勝率は低いということが予想されます。

しかし1回勝利した際には800倍という配当が出たので、一撃性はかなり高いと言えるでしょう。

口コミを調べてみると2000倍近くの配当が出たという事例も見られました。

ベースゲームの資金安定性も低い

Gates of Valhallaはフリースピンも負けやすい上に、ベースゲームもかなり大きく資金を減らします。
ヒット率はかなり低く、10連続以上無配当ということもざらにありました。

一般にフリースピン購入可能スロットは「ベースゲームで様子見する価値もある」と言われますが、Gates of Valhallaにはあまり当てはまらない印象です。

ベースゲームからフリースピンに突入できる確率もかなり低いため、積極的にフリースピンを購入していく方がメリットは大きいように感じます。

マルチプライヤー付きワイルドシンボルの連鎖は最強

Gates of Valhallaでのプレイ中にはワイルドシンボルだけでペイラインが成立することもあります。
マルチプライヤー同士はそれぞれ乗算されるため、一撃でビッグな配当に繋がりやすいのが魅力です。

さらに全体のマルチプライヤーも上昇しているフリースピン中なら、なおのこと爆発力の恩恵があります。

コメント

コメントする

目次
閉じる