ギャンボラは安全?評判口コミまとめ【ユーザー評価爆上がり中!?】

ギャンボラは2019年にオープン、2020年9月に大規模リニューアルを果たし、新興のオンラインカジノの中ではトップクラスの人気を誇っているオンラインカジノです。
個人的にも非常に使い勝手が良いオンラインカジノサイトの1つであると考えています。

この記事では、ギャンボラの評判について悪い内容も良い内容も余すことなく紹介してみました。
本記事を読むことでギャンボラを利用するメリットとデメリット、さらにギャンボラで効率よく稼げるようになるための攻略法が分かるはずです。

目次

ギャンボラの評判まとめ

ギャンボラの評判について調べてみると、主に以下のような内容が見られました。

  • ギャンボラプラスのレートが低い
  • ゲームの絶対数が少ない
  • 出金上限額が低い
  • ギャンボラプラスの使い勝手が抜群
  • 毎日必ずキャッシュレースが開催されている
  • ウェルカムボーナスが非常にお得

ギャンボラを語る上ではリベートボーナスに該当する「ギャンボラプラス」は外せません。
使い勝手はどのオンラインカジノよりも良いのですが、レギュラーのレートが低いという欠点もあります。

しかし週に3~4回程度の頻度で用意されるギャンボラプラスのマルチプライヤーブーストチケットを使えば、レートを引き上げてお得に稼ぐことも可能です。

ギャンボラプラスは超小額からでも出金できるため、初心者にとってはかなり使いやすいと言えるでしょう。

た出金上限こそ低いものの、ギャンボラプラスの獲得上限はなし、さらにキャッシュレースはギャンボラプラスの獲得金額で競うということで、ハイローラーにもおすすめのオンラインカジノです。

ギャンボラ悪い評判とデメリット

ギャンボラは非常に人気度の高いオンラインカジノです。
だからこそ、良い評判だけではなく悪い評判も見られます。

具体的にどのような悪い評判があるのか、詳しくチェックしてみましょう。

出金申請で入力情報を間違えるとアカウントを凍結される

ギャンボラについて調べてみると「出金申請で情報を誤入力したことでアカウントを凍結された」という口コミが複数見られました。

出金時には出金先のIDやパスワードを入力する必要があります。
しかし情報の入力を間違うと、「第三者による不正利用」と疑われてしまうようですね。

例えばカジノエックスの場合、15回近くVenus Pointのパスワードを間違え続けても、正しく入力さえできれば即出金対応してくれたので、ギャンボラはかなり厳格に対応しているという印象を受けてしまいます。

そのためギャンボラから資金を出金する際には、必ず該当の口座についてIDとパスワードを正しく控えた上で、手続きを進めるようにしましょう。

レギュラーのリベート(ギャンボラプラス)レートがかなり低い

ギャンボラにはプレイすればするほど稼げるリベートボーナスがあります。
リベートボーナスの名前は「ギャンボラプラス」です。しかしギャンボラプラスは非常にレートが低いということでユーザーからは不評の声が見られました。

実際にいくつかのゲームについてギャンボラプラスのレートを調べてみましょう。
例えばPlay’N GOの『Book Of Dead』は0.8%ということで、比較的高めのレートでした。

しかしMicrogamingの『Reel Gems』は0.2%とかなり低めの設定になっています。

さらにRelax Gamingの『Blackjack Neo』は0.05%という、もはやあってもなくても同じというレベルのレートに設定されていました。

基本的にはペイアウト率とリベートレートは負の相関関係にあるようです。
詳しくは後述しますが、うまくマルチプライヤーブーストチケットを活用していかないと、なかなか思うようにギャンボラプラスを稼ぐことはできないでしょう。

ゲーム数が少ない

ギャンボラはゲーム数が少ないということでも、悪い評判が見られます。

実際にゲーム数を調べてみると合計で1500種類弱ということで、さほど少なさを感じませんでしたが、内実を見るとスロッターに人気の高いPragmatic PlayやBig Time Gaming、Playtechなどのプロバイダが採用されていなかったため、かなり物足りなさを感じてしまいます。

またライブゲームプロバイダもEvolution Gamingの1社しか採用していない点は少し寂しいですね。

出金上限が低すぎる

ギャンボラは出金上限が低いということでも悪い評判が見られます。
実際に出金可能額をチェックしてみると、以下の通り各決済方法とも1回あたりの出金上限は1000ドルに設定されていました。

ただし1回あたりの上限が厳しいというだけで、実際には複数回手続きをすれば難なく高額出金を行うことができます。

4.16 勝利金の出金申請は、一ヶ月当たり最高$100,000までの出金申請が行えます。こちらの金額を上回った場合、当社はお客様が申請されたご出金を保留にする権利を有します。

引用:ギャンボラ利用規約4.16

月間10万ドルが上限ということは、日本円にすると1000万円相当は出金できるということですね。
どうせなら1回あたりの限度額を緩和してほしいという気持ちもありますが、恐らく出金処理速度への影響などを考えての上限設定でしょう。

なお、他のオンラインカジノの場合VIPランクに応じて出金上限額が緩和されるようなこともあります。

しかしギャンボラはVIP制度を設けておらず、すべてのプレイヤーに対して平等に恩恵を与えてくれるオンラインカジノなので、特に規約が変更されない限りは1回あたり1000ドルが上限であり続けるはずです。

高額の入金ボーナスオファーはない

ギャンボラはボーナス好きのプレイヤーからはやや物足りないという口コミも見られます。
実際にギャンボラには軍資金を一気に増やすような入金オファーはありません。

そのためできるだけボーナスの力を借りて軍資金を確保したいと考えているプレイヤーは物足りなさを感じてしまうでしょう。

私個人としてはボーナスのお得度はかなり高いと考えていますが、確かにボリュームの観点で言えば業界ワーストレベルと言わざるを得ません。

しかし姉妹カジノのラッキーカジノはウェルカムボーナス1500ドルなど、比較的ボリュームの大きいボーナスが用意されているので、ボーナスボリュームにこだわる方はラッキーカジノの利用を検討してみてください。

日本円でのベットができない

ギャンボラはサイト内で利用できる通貨単位として日本円が利用できないことでも悪評があります。
しかしギャンボラに限らず日本円ができないオンラインカジノは結構あるため、それほど問題視することではありません。

確かに日本円ではなくアメリカドルしか使えない場合には、以下のようなデメリットを被ることになります。

  • 金銭感覚がつかみにくい
  • クレジットカードの入金エラーが起こりやすい
  • ドル円の為替手数料が発生してしまう

特に金銭感覚がつかみににくく、無理なベットに走りがちという点はかなり注意が必要です。
ドル表記に慣れてくると「1ドル=100円」なのか「1円=100ドル」なのか、どちらが正しいのか分からなくなってしまいますからね。

1000円のつもりで10万円をベットしてしまい、爆死するというプレイヤーもたくさんいます。

ギャンボラは日本マーケットをかなり重視している面が垣間見えますので、将来的に日本円でのベットが可能になることに期待しましょう。

ギャンボラの良い評判をまとめてみた

色々と悪い評判がありますが、ギャンボラには良い評判も非常に多くあります。
紹介してきた悪い評判を補って余りあるほど、良い評判は非常に多いのが現実です。

具体的にギャンボラの良い評判についてチェックして、ギャンボラを利用するメリットを知りましょう。

出金スピードが速い

ギャンボラは出金スピードが速いということで良い評判が多数見られます。

さすがにエルドアカジノやワンダーカジノほどの爆速ではないものの、概ね1時間程度で着金しているケースが多いようですね。
出金スピードが速いので「出金限度額が低い」というデメリットにも目を瞑ることができます。

入出金方法が豊富で決済が便利

ギャンボラの入出金に関しては、決済方法が非常に豊富で利便性が高いということでも良い評判が見られました。
実際に調べてみると、2021年1月末時点でギャンボラでは以下の方法を入出金に利用することができます。

  • クレジットカード(Mastercard・JCB)
  • エコペイズ
  • ヴィーナスポイント
  • スティックペイ
  • マッチベター

クレジットカードは入金のみ、その他は入出金双方に対応しています。

VISAブランドのクレジットカードや仮想通貨が使えない点は少し物足りなさがありますが、電子決済サービスは有名どころを網羅してくれているのがありがたいですね。

上述したようにギャンボラは出金スピードが速いため、ヴィーナスポイントのポイントバック運用との相性も良好です。
さらにスティックペイが利用できるということで、土日などに緊急に現金が必要になった場合でも、ギャンボラから出金した資金をATMから現金化することができます。

今はまだ銀行振込や銀行送金には対応していないものの、ユーザーの利便性を徹底的に追及しているギャンボラですから、直に導入をしてくれるでしょう。

ちなみにVISAのクレジットカードしか入金手段がないという方は、以下いずれかの手段を講じることをおすすめします。

  • ラッキーカジノ(姉妹カジノ)経由で入金する
  • スティックペイにVISAで入金する
  • マッチベターにVISAで入金する

入出金手数料が完全無料

ギャンボラは入出金に関して一切手数料がかからないことでも高い評価を受けています。
実際に入出金画面をチェックしてみても、手数料は一切かからないことが分かりますね。

ただし、あくまでもギャンボラ側で手数料が発生しないというだけです。
特にクレジットカードやデビットカードを利用する場合には、カード側で手数料がかかったり、ドル円の為替手数料がかかったりすることがあります。

ギャンボラプラスの使い勝手が抜群

ギャンボラプラスはレートが低いというデメリットこそあるものの、使い勝手が抜群ということでユーザーからも非常に高い評価を得ています。

通常のリベートボーナスは進呈スケジュールが決まっていたり、獲得上限が決まっていたり、出金条件が設定されていたりします。

しかしギャンボラプラスの場合は一切の制限がありません。
即時進呈、獲得上限なし、出金条件なしということで、これ以上求めようがない自由度の高さと言えるでしょう。

ウェルカムボーナスがお得すぎる

ギャンボラはウェルカムボーナスがお得すぎるということでも良い評判を集めています。
具体的には初回から3回目の入金では、ギャンボラプラスのレートを4倍にするマルチプライヤーブーストチケットが貰えるという内容です。

マルチプライヤーブーストチケットは有効化してから2時間有効になります。

有効期間内のベットはすべてギャンボラプラスのレートが4倍になるため、ゲームによっては最大3.2%というレートでリベートボーナスを獲得可能です。

他のオンラインカジノを見ると、業界で最高レートと言われているのがワンダーカジノでVIPランク最上位に当たるスイートクラスにのみ適用される1.55%です。
業界最高レートの倍以上で稼げる6時間は、まさにチャンスタイムとしか言いようがありません。

個人的にはギャンボラを長期で利用するつもりでなくても、ウェルカムボーナスだけでは利用する価値が高いと考えています。
うまく使いこなせば、業界最高額水準のウェルカムボーナス金額になるかもしれません。

毎週キャッシュレースに参加できる

ギャンボラは毎週キャッシュレースというトーナメントが開催されており、トーナメント好きのプレイヤーから高い評価を得ています。
キャッシュレースは1週間のギャンボラプラスの獲得数で順位を競うトーナメントです。

毎週5000ドル、場合によっては1万ドルもの賞金が用意されており、ギャンボラプラスの獲得数で上位107位以内に入ると賞金を獲得することができます。

とにかくどんどんギャンボラのゲームをプレイすれば自ずとランクを上げることができるため、ギャンボラをプレイするインセンティブになるでしょう。

ちなみに時々、「7が付く順位だと賞金がお得に貰える」というようなルールを適用することがあります。

そのため仮にスタートが出遅れてしまったとしても、17位や77位などを狙ってプレイする、なんていう参加方法も可能です。

かなり頻繁に豪華な賞金を争奪できるキャンペーンが開催される

ギャンボラはキャッシュレース以外にも様々なキャンペーンが常時開催されており、楽しみながら稼げるというような口コミが見られました。

本記事執筆時点(2021年1月31日)ではQuickspin及びOryx Gaming主催のトーナメントが開催されているほか、過去にはクリスマスやハロウィーンなどのイベントに関連したキャンペーンも開催していたことがあるようです。

すべてではないものの、キャンペーンの賞金は出金条件なしのキャッシュで進呈されることも多いため、他のオンラインカジノのように「せっかく賞金をゲットしたのに条件消化の過程で溶けた」というような悲しい事態を防ぐこともできます。

キャンペーン情報はログイン後「最新情報!」からチェック可能です。

キャッシュレースは完全にハイローラー有利ですが、その他キャンペーンは小資金プレイヤーでも上位に進出できるルールになっていることも多いので、積極的に参加してみてください。
キャンペーンによっては最高賞金額が万ドル単位になっていることもあります。

日替わりの入金フリースピンは賭け条件なし

ギャンボラでは毎日日替わりのプロモーションがあり、週に3~4回程度の頻度で入金フリースピンが提供されます。
フリースピンから獲得した賞金には出金条件が課せられないということでかなり高い評価を得ているボーナスです。

同じような入金フリースピンを用意しているオンラインカジノとして、ミスティーノと同列に語られることが多くあります。実際にオファー内容のページをチェックしても、確かに「賭け条件なし」としっかり明記されていました。

賭け条件がないということは、フリースピンが1回でも配当を生んだ時点で利益が確定することになります。1回あたりのスピンバリューは小さく、スピン回数も多くはありませんが、コツコツ入金していくことで着実に資金を増やしていくことができるはずです。

ミスティーノには「出金するとその後5日間はフリースピンを受け取れない」なんていう縛りがありますが、ギャンボラの場合は一切制限がありません。

マルチプライヤーブーストチケットは入金不要で利用可能

ギャンボラの日替わりプロモーションは上述した入金フリースピンでない場合には、ギャンボラプラスのマルチプライヤーブーストチケットが用意されます。

マルチプライヤーブーストチケットは、入金不要で誰でも利用できるという点が大きな魅力です。基本的にマルチプライヤーは2倍か3倍ですが、時々ウェルカムボーナスと同じ4倍になることもあります。

2倍のブーストでも最大1.6%になりますので、業界水準のレートになりますね。キャッシュレースのスタートダッシュに遅れてしまっていたとしても、ブーストチケットを使えば一気に巻き返すことも十分可能です。

同一アカウントでスポーツブックも利用できる

ギャンボラはオンラインカジノと同一のアカウントでスポーツブックが利用できるということでも、良い評判が見られました。
元々スポーツブックの取り扱いはなかったものの、よりマルチな賭けが楽しめるようにということで実装したのでしょう。

カジノメインのサイトなので何となくスポーツブックの充実度は低く感じるかもしれませんが、実際にはかなり豊富なスポーツを世界中の国や地域について扱っており、スポーツブックメインのサイトに引けを取らない充実度です。
トータルの種目数は29種目にもなります。

サポートの対応は評判が非常に良い

ギャンボラはサポートの対応が非常に良いということでも口コミが多数見られました。

口コミを見てみると、かなりフレンドリーな対応をしてくれるようですね。大手のオンラインカジノの場合、既にプレゼンスを確立していることに胡坐をかいているのか、杓子定規的な応答しかしてくれないことも多々あります。

しかしギャンボラはユーザーが安心して問い合わせられるような体制を整えてくれているということで、非常にありがたいですね。

悪い評判のところで「出金時に情報を誤入力するとアカウントが凍結される」という事例を紹介しましたが、サポートに対応を仰いだ結果凍結が解除されたこともあるようです。

ギャンボラの利用中に何か分からないことやトラブルがあった場合には、積極的にサポートにヘルプを仰ぐようにしましょう。

最高7倍速でプレイできるギャンボラエックスが面白い

ギャンボラには業界最高速の7倍速でスロットをプレイできる「ギャンボラエックス」という機能があり、とにかくサクサクプレイしたいと考えているプレイヤーからはかなり高い評価を受けています。
最初は機種数もかなり限られていたものの、定期的に対象機種が追加されている点も見逃せません。

ギャンボラエックスが誕生するまでは業界最高速プレイと言えばカジ旅系列のBlitzモードで最高6倍速でした。
ということで、現時点においてはギャンボラエックスが業界最速モードということになります。

日本人は日常的にかなり忙しく、オンラインカジノをプレイする時間を十分に確保できないという方も多くいるでしょう。
しかしギャンボラエックスを利用すれば、忙しい中でも満足いくスロットプレイが楽しめるはずです。

キャッシュレースで上位を目指す上でも、時間効率で言えば7倍になるので、かなり有効な手段と言えます。

毎週新作スロットがリリースされる

ギャンボラはかなり頻繁に新作スロットがリリースされることでも好評を博しています。
そのため「いつも同じ機種では飽きてしまう」と考えている方にはギャンボラが最適です。新作スロットについてはギャンボラプラスのレートにブーストがかかることも多々あります。

新作スロットは当然従来作以上の機能やスペックを備えており、なおかつビギナーズラックで勝ちやすいとも言われているだけに必見ですね。

コメント

コメントする

目次
閉じる