【漫画あり】オンラインカジノとは?【初心者は必見!】

ギャンボラの入金方法を徹底解説【手数料・反映スピードまとめ】

ギャンボラで賭けを行うためには、第一に資金を入金する必要があります。
本記事ではギャンボラの入金方法を詳しく解説しているので、参考にしてください。

目次

ギャンボラの入金方法一覧

2022年7月時点で、ギャンボラでは以下の方法により資金を入金することができます。

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • Vega Wallet
  • タイガーペイ
  • マッチベター
  • スティックペイ
  • エコペイズ

利便性の高い入金方法は概ね網羅されているので、ギャンボラの入金には特に困る心配がないでしょう。ライセンスの都合から仮想通貨での決済は現状利用できないものの、本記事を執筆している2022年7月頃にはライセンス変更の情報もあります。したがって近い将来、ギャンボラで仮想通貨による入金ができるようになるかもしれません。

入金手数料

入金方法入金手数料
銀行振込無料(振込手数料はユーザー負担)
クレジットカード無料(VISAのみ2%)
Vega Wallet無料
タイガーペイ無料
マッチベター無料
スティックペイ無料
エコペイズ無料

ギャンボラの入金において手数料を取られるのはVISAブランドのクレジットカードを利用するケースのみです。その他の方法で入金する場合、ギャンボラ側で手数料を取られる心配はありません。

銀行振込での入金は指定口座に振り込むという形式なので、振込手数料はユーザー自身が負担する必要があります。しかし金額的には数百円程度にしかならないので、大きな負担にはならないはずです。

入金スピード

入金方法入金スピード
銀行振込20分程度
クレジットカード即時
Vega Wallet即時
タイガーペイ即時
マッチベター即時
スティックペイ即時
エコペイズ即時

入金反映は銀行振込を除くと即時です。銀行振込は振込が完了した後に運営側による確認を経てアカウントに反映されるため、20分程度のタイムラグがあります。

他のオンラインカジノの銀行振込と比べると若干反映が遅いという印象は否めません。お得なイベントに参加したいなど、なるべくスムーズにベットを開始したい事情がある時には、銀行振込以外の方法で入金するようにしましょう。

最低入金額

入金方法最低入金額
銀行振込10ドル
クレジットカード10ドル(VISAのみ20ドル)
Vega Wallet10ドル
タイガーペイ10ドル
マッチベター10ドル
スティックペイ10ドル
エコペイズ10ドル

ギャンボラの最低入金可能額は原則10ドルです。VISAブランドのクレジットカードのみ最低20ドルから入金できます。かなり小額からの入金にも対応している点は、ギャンボラの大きなメリットと言えるでしょう。

ただし銀行送金の最低出金可能額が50ドルとやや高めに設定されている点には注意が必要です。したがって銀行送金での出金ができる銀行振込やクレジットカードで入金する場合には、なるべく50ドル以上の金額を入金しましょう。

銀行送金以外の方法ならば、入金と同様に最低出金可能額も10ドルに設定されています。

入金限度額

入金方法入金限度額
銀行振込5000ドル
クレジットカード1000ドル
Vega Wallet2万5000ドル
タイガーペイ2万5000ドル
マッチベター1万ドル
スティックペイ2万5000ドル
エコペイズ2万5000ドル

ギャンボラの入金限度額は入金方法に応じて大きく異なります。マッチベターを除く電子ウォレットならば、1回あたり2万5000ドルというかなり高額の入金も可能です。

またギャンボラでは1ヶ月あたり25万ドルという出金上限額設定があります。

勝利金の出金申請は、一ヶ月当たり最高$250,000までの出金申請が行えます。こちらの金額を上回った場合、当社はお客様が申請されたご出金を保留にする権利を有します。

ギャンボラ利用規約

したがって基本的には制限なく高額の出金が可能と考えておいて良いでしょう。よほどのハイローラーでない限り、ギャンボラに入金した後は特にストレスなく満額出金することができます。

ギャンボラのエコペイズ入金

入金手数料無料
入金スピード即時
最低入金額10ドル
入金限度額2万5000ドル

ギャンボラで最もおすすめの入金方法はエコペイズです。エコペイズならば1回あたり2万5000ドルという高額入金が可能、さらに1回の出金上限額も2万5000ドルなので、ハイローラーでも特に入出金にストレスを感じることはありません。

後述する銀行振込は入金上限が低いというデメリットもありますが、一旦エコペイズに入金した上でギャンボラに入金することで、比較的高額の入金もすることができます。

ほかにもエコペイズは多くのオンラインカジノの入出金に利用できるなど、メリットはもりだくさんです。

ギャンボラの銀行振込入金

入金手数料無料(振込手数料はユーザー負担)
入金スピード20分程度
最低入金額10ドル
入金限度額5000ドル

ギャンボラは銀行振込での入金もおすすめです。ギャンボラ側で入金申請を行うと、振込先の口座情報が指定されます。

そして指定された口座に実際に申請した金額分を振り込むことで入金するという形式です。日常的な銀行振込手続きとほぼ同じなので、特に難しさを感じることはないでしょう。ギャンボラは出金にも銀行送金を利用できるので、「電子ウォレットでの資金管理が面倒くさい」と感じる方には、特に銀行振込がおすすめです。

ギャンボラのスティックペイ入金

入金手数料無料
入金スピード即時
最低入金額10ドル
入金限度額2万5000ドル

ギャンボラではスティックペイからの入金もおすすめです。スティックペイは銀行振込やクレジットカードの間接的入金オプションとして利用できます。ギャンボラの銀行振込とクレジットカードの入金上限は少し低いので、高額入金をしたい場合はスティックペイを経由するのも1つの手です。

スティックペイへのアカウントログイン時には2段階認証を設定することもでき、かなり資金管理の安全性が高いという点も見逃せません。

ギャンボラのVega Wallet入金

入金手数料無料
入金スピード即時
最低入金額10ドル
入金限度額2万5000ドル

ギャンボラはVega Walletの入金もできます。Vega Walletを入金に使うとVega Wallet側のポイントバックが貯まるなど、かなりお得に稼げるのが大きな魅力です。ヴィーナスポイントからリニューアルした後は銀行振込によるポイント購入も可能になったことで、より利便性が高まりました。

ただし入金上限が2万5000ドルに対して出金上限が1万ドルとやや低めに設定されているので、高額入金をする際には少し注意が必要です。ポイントバックのお得度が高いからこそ、不適正に利用しないように出金上限が低くなっています。

ギャンボラのマッチベター入金

入金手数料無料
入金スピード即時
最低入金額10ドル
入金限度額1万ドル

ギャンボラはマッチベターでの入金もできます。マッチベターにログインできるのはユーザー自身が保有しているスマートフォン1台だけなので、とにかく安全に資金管理をできるのが大きな魅力です。

ただし入金上限額が1万ドルなので他の電子ウォレットに比べるとやや低い点、さらに出金にはマッチベターを使えない点など、いくつかデメリットもあります。またマッチベターへの入金にクレジットカードや銀行振込が使えなくなってしまったため、利便性は大きく低下したと言わざるを得ません。

ギャンボラのタイガーペイ入金

入金手数料無料
入金スピード即時
最低入金額10ドル
入金限度額2万5000ドル

タイガーペイもギャンボラの入金に利用できます。タイガーペイは2021年に開始されたばかりのサービスですが、ここ最近は少しずつ利用できるオンラインカジノの数も増えてきました。

しかしエコペイズやVega Walletに比べると対応オンラインカジノは圧倒的に少なく、さらにギャンボラからの出金にはタイガーペイを利用できないなど、いくつかデメリットが見られるのも事実です。

総合的に見ると、タイガーペイをギャンボラの入金に利用するべきとまでは言えません。

ギャンボラのクレジットカード入金

入金手数料無料(VISAのみ2%)
入金スピード即時
最低入金額10ドル(VISAのみ20ドル)
入金限度額1000ドル

ギャンボラではVISA、マスターカード、JCBの3ブランドのクレジットカードを入金に利用できます。クレジットカードを利用すれば、手元に資金が一切ない状態でもギャンボラに入金できるのが大きなメリットです。

しかし日本円をアメリカドルに振り替える際にはかなり不利な円安レートが適用されるのが一般的です。したがって最大10%程度の大きな為替損失が生じてしまうこともよくあります。他の方法に比べて実質的な手数料負担がかなり重くなってしまうので、なるべくクレジットカードではギャンボラに入金しないのがおすすめです。

コメント

コメントする

目次
閉じる