コンクエスタドールで45ドル入金不要ボーナス受け取ろう

コンクエスタドールカジノの安全性は?【サイトの違法性は問題なし?】

コンクエスタドールカジノを利用する上では、安全性が気になるという方も多くいるでしょう。

本記事ではコンクエスタドールカジノが安全なオンラインカジノなのか、また安全に利用する上で意識しておきたいポイントなどを詳しく解説してみました。是非参考にしてください。

目次

コンクエスタドールカジノは安全?

コンクエスタドールカジノが安全に利用できるか、いくつかのポイントから詳しく解説していきます。

海外の企業が運営しているので利用上の違法性はない

コンクエスタドールカジノを運営しているのはMobile Incorporated Ltdという会社です。

Mobile Incorporated Ltdは海外に拠点を置く会社なので、日本人がコンクエスタドールカジノを利用したとしても、刑法の賭博罪が適用されることはありません。

要は違法性はなく、逮捕される心配もないということです。
仮にコンクエスタドールカジノを運営しているのが日本の会社であれば違法ですが、海外の会社による運営なので利用上の違法性は心配無用です。

マルタ共和国のライセンスを取得している

コンクエスタドールカジノはマルタ共和国のライセンスを取得しています。
実際にライセンス証の有効性も確認できました。

オンラインカジノが合法的に運営される上ではライセンスの取得が必須です。

コンクエスタドールカジノはきちんと公的なライセンスを取得しているので、合法的な運営と言えます。
さらに言えば、マルタ共和国のライセンスは業界でも屈指の審査の厳しさを誇ることで好評です。

ギャンボラやレオベガス、ラッキーニッキーといった業界有数のオンラインカジノもマルタライセンスを取得しています。

厳しい審査をしっかりとパスしているという点からも、コンクエスタドールカジノが安全性の高いオンラインカジノであることが伺えます。

ボンズカジノの系列カジノとの噂

コンクエスタドールカジノは業界でも人気度が高いボンズカジノの系列という情報があります。

確かにサイトの設計やボーナス制度、ロイヤリティプログラムなどは、ボンズカジノとかなり似ている印象を受けました。

しかし運営会社が異なっており、確実に系列カジノであるとは言い切れません。

逆に系列カジノでないとすれば、完全にパクリサイトです。パクリサイトとなれば、一転して怪しい違法性のあるオンラインカジノと言えるかもしれません。

サイトのセキュリティレベルは超強力

コンクエスタドールカジノはサイトのセキュリティレベルを強固に設定しています。
実際にパソコンサイトで調べてみると、RSA2048Bitsという公開鍵を採用していることが分かりました。

RSA2048Bitsはベラジョンカジノやビットカジノなど大手のオンラインカジノのほか、メガバンクや官公庁などでも採用されています。サイト上で提供した個人情報はRSA2048Bitsによって暗号化されるため、情報が流出する心配がありません。

お客様が当社に渡すすべてのデータは、SSL(Secure Socket Layer)テクノロジーによって暗号化されるため、プライベートに保たれます。SSLは、信頼できるすべてのエンティティが顧客とのオンライン取引を保護するために使用する業界標準です。暗号化されていないHTTPに対しては、URLの前に鍵マークとHTTPSが表示されるので、Webサイトは本物で安全であることがわかります。

Conquestadorカジノ〜最高オンラインカジノゲームやボーナス

過去にはオンラインカジノで利用したクレジットカード情報が流出して、不正利用の被害に遭ったというような事例も見られます。

しかしコンクエスタドールカジノならば、過度に個人情報流出などを不安視する必要はありません。

情報や口コミが少ないため判断が難しい

コンクエスタドールカジノはあまりユーザーが多くないオンラインカジノです。
そのため口コミを探しても、なかなか見つかりません。

オンラインカジノの実際の使用感や安全性などはアーンドメディアが重要な情報源の1つとなります。
しかしほとんど情報がないため、ライセンスなどによる一般論でしか解説することができないというのが現実です。

コンクエスタドールカジノを安全に利用するためのポイント

コンクエスタドールカジノを安全に利用するためには、ユーザー自身ができる工夫もあります。
具体的にどのようなポイントが重要になるか、詳しく解説します。

入金手段の2段階認証を設定しておく

RSA2048Bitsの公開鍵が採用されているとはいえ、決済が100%絶対安全とは言い切れません。
日に日にサイバー犯罪は巧妙化しているため、思わぬところから決済情報が漏れる危険性もあります。

しかし決済手段側で2段階認証を設定しておけば、万が一情報が流出したとしても不正利用の被害を食い止めることができます。

例えばクレジットカードの場合は、3Dセキュアを設定しておけば、カード情報がバレても追加の認証を突破できないため、安全です。

またエコペイズでもGoogle認証アプリを使った2段階認証を設定することができます。

毎回の決済が若干面倒になるという難点もあるものの、不正利用の被害に遭うリスクを減らせるのであれば、決して無駄ではありません。
むしろオンラインカジノを利用する以上は、2段階認証をマストで設定しておくべきとすら言えます。

ボーナスは受け取らずにプレイする

コンクエスタドールカジノはボーナスが色々と充実しています。

しかしボーナスは他のオンラインカジノにはなかなか見られない特殊な仕様を採用しており、ハッキリ言って利用はかなり面倒くさいという印象です。

特にボーナスのベットリミットに気づかぬうちに抵触してしまうというリスクが大きくあります。
規約に抵触してしまえば、当然ながら資金没収やアカウント凍結などの対象です。

初心者の場合、コンクエスタドールカジノのボーナス仕様をしっかりと理解するのはまず不可能なので、なるべくボーナスを受け取らないようにしましょう。

早めに本人確認手続きを完了させておく

一般にオンラインカジノの本人確認手続きは最初の出金前に済ませておけばOKです。
しかしできれば早めに手続きしておくことをおすすめします。

というのも、正確な情報で登録していることや禁止地域から利用していないということが証明されない場合には、アカウントを閉鎖されてしまうリスクもあるためです。

2.8. 当社は、独自の絶対的な裁量により、アカウントの登録申請を拒否する権利を留保し、そのような拒否の理由を提供する義務を負わないものとします。

Conquestadorカジノ〜最高オンラインカジノゲームやボーナス

規約を読むと、特に理由を告げずにアカウントを閉鎖してくるというようなケースもあるようなので、注意が必要です。

本人確認書類のアップロード自体はアカウント上から簡単に行うことができます。
出金直前になって慌てないようにするためにも、早めに手続きを完了させておくようにしましょう。

期間あたりの入金上限を設定しておく

コンクエスタドールカジノでギャンブル依存症に陥らないようにするためには、入金しすぎない設定をしておくことも重要です。
コンクエスタドールカジノでは1日あたりもしくは1週間あたりで入金額の上限を設定することができます。

入金額の上限を設定しておけば、理性的な判断ができなくなった状況に陥っても、過度に入金しすぎてしまう心配がありません。
長く安全に楽しむ上では、マストで設定しておきたい事項です。

安全性の高いネット環境でプレイする

上述した通りコンクエスタドールカジノは非常にセキュリティ面が強いオンラインカジノです。
しかしせっかくのセキュリティも、利用するネット環境次第では無意味になる可能性があります。

特に危険なのは誰もがアクセスできるフリーWi-Fi下でのプレイです。

フリーWi-Fiは無料でインターネットに接続できるというメリットがある反面、情報が筒抜けになってしまうリスクもあります。
その結果、決済情報やログイン情報が盗み見されてしまうこともあるかもしれません。

そのためコンクエスタドールカジノをプレイする場合には、必ず安全性が高いネット環境を選ぶようにしましょう。
具体的には以下のようなインターネット環境がおすすめです。

  • 自分専用のモバイルWi-Fiルーター
  • 自宅に引いてある固定のネット回線
  • 携帯電話のキャリア回線
  • 有線のLANケーブルで接続したインターネット

会社で拾えるWi-Fiも安全ではあるものの、オンラインカジノの利用がバレるとまずいという方は注意してください。

コメント

コメントする

目次
閉じる