【漫画あり】オンラインカジノとは?【初心者は必見!】

コンクエスタドールカジノのポーカーはボーナス消化に不向き?【おすすめゲームも紹介】

昨今のポーカー人気によってオンラインカジノでもポーカーは幅広くプレイできるようになりました。

当サイト限定!入金不要ボーナス40ドルを受け取ろう!

本記事ではコンクエスタドールカジノのおすすめポーカー、さらにポーカーでのボーナスの利用可否について詳しく解説してみました。

目次

コンクエスタドールカジノでプレイできるおすすめポーカーゲーム

コンクエスタドールカジノのポーカーゲーム提供プロバイダは以下の表のとおりです。

種類提供プロバイダ一覧
テーブルゲームMicrogaming
iSoftbet
ライブゲームEvolution Gaming

充実度としてはイマイチと言わざるを得ません。
将来的に採用プロバイダが追加されることを期待しましょう。

コンクエスタドールカジノでプレイ可能なポーカーのうち、是非プレイしてみたいおすすめポーカーゲームをいくつか紹介します。

Side Bet City

sidebetcity

Evolution Gamingの『Side Bet City』はコンクエスタドールカジノでプレイできるポーカーゲームのうち、最も初心者向けと言われています。
通常はディーラーよりも強いハンドを形成して勝利することを目指すのがポーカーですが、『Side Bet City』には勝負の要素はありません。

プレイヤーがベットするのは、3枚、5枚、7枚のカードが配られたいずれかの時点において、一定以上の役が成立するか否かという事象についてです。

つまり勝負をするのではなく、将来の結果を予想するギャンブルということになります。

「一切役が揃わない」ということを予想する場合には、「ALL LOSE」という賭け式でのベットも可能です。

ポーカーでは生命線と言われる役に関する知識が一切ないとしても、『Side Bet City』は十分に楽しみ、さらに資金を稼ぐこともできます。

Caribbean Stud Poker

caribianstudpoker

Evolution Gamingの『Caribbean Stud Poker』はカリビアンスタッド方式を採用しているポーカーゲームです。

ホールデムポーカーは複数のプレイヤー同士で競いますが、カリビアンスタッド方式の場合には、プレイヤーと胴元が対戦します。

つまりオンラインポーカーには対応していないオンラインカジノにおいては、最もなじみやすいタイプのポーカーということです。

『Caribbean Stud Poker』では、プレイヤーとディーラーそれぞれにカードが5枚ずつ配られます。

ディーラーのハンドが1枚だけ見えている状況で、ベットをするかフォールドをするか選択するという非常にシンプルなルールです。
ディーラーはエースキング以下の役だった場合には「ノットクオリファイ」として、どれだけハンドが弱かろうとプレイヤーの勝利となります。

『Side Bet City』と同様に、まだまだ役の知識が乏しいプレイヤーにとってもプレイしてみる価値が高いポーカーです。

Texas Hold’em Bonus Poker

texasholdembonuspoker

Evolution Gamingの『Texas Hold’em Bonus Poker』はかなり実際のテキサスホールデムポーカーに近い形式です。

オンラインカジノのポーカーとしては珍しく各ラウンドにおいて賭けを行うことができるため、本場のポーカーさながらの緊迫感を味わうことができます。

自分自身のハンドの状況を見ながらアクションの選択をすることで、勝てる時は大きく賭け、負ける時は小さく賭けるといった形でうまく資金をコントロールすることも可能です。

またプレイヤーとディーラーそれぞれに最初に配られる2枚のカードを対象にしたボーナスベットもあります。

ボーナスベットでは一定の組み合わせが発生していると、最大1000倍という高額配当を獲得できるため、メインベットとうまく組み合わせて活用したい賭け式です。

Triple Card Poker

triplecardpoker

『Triple Card Poker』はプレイヤーとディーラーそれぞれに3枚ずつのカードしか配られない形式のポーカーです。
3枚しかカードが配られない分、役も非常に分かりやすくなっているため、初心者でもある程度理解しながらプレイを楽しめるでしょう。

アクションチャンスは1回だけ、カードを配り終えた時に訪れます。

既に自分のハンドは確定していますので、勝てる自信がある場合にはプレイを選択して配当獲得を目指しましょう。

ただしディーラー側のハンドは1枚も見えない状態です。
少ないシンキングタイムの中で、いかに適切な判断ができるかという判断力の部分がかなり重視されます。

ちなみに通常の5カードポーカーとは違い、スリーカードの方がストレートよりも強い役になるという特殊ルールがある点では注意が必要です。

2 Hand Casino Hold’em

2handcasinoholdem

Evolution Gamingの『2 Hand Casino Hold’em』は、最大2つのハンドに同時にベットできるマルチハンドタイプのホールデムポーカーです。
うまくリスク分散しながら賭けたい時には、プレイしてみる価値があります。

特別に『2 Hand Casino Hold’em』のルールが設定されていることはありません。

通常のカジノホールデムと同様に、5枚のコミュニティカードと2枚のホールカードを組み合わせることで最強のハンド形成を目指します。

ある程度は役に関しての知識がないと、思うように勝つことはできません。

そのため上述した『Side Bet City』や『Caribbean Stud Poker』など、初心者向けのポーカーゲームをプレイして役に関する知識をインプットしてから、『2 Hand Casino Hold’em』に移行するという形でプレイすることをおすすめします。

Extreme Texas Hold’em

extreamtexasholdem

『Extreme Texas Hold’em』は通常のテキサスホールデムポーカーを少し簡略化させたバージョンのポーカーです。

通常のテキサスホールデムポーカーでは、プリフロップ、フロップ、ターン、リバーと4回ものアクションチャンスがありますが、『Extreme Texas Hold’em』においてはフロップラウンドのみアクションチャンスがあります。

よってホールカード2枚とコミュニティカード3枚を見て、勝負するか否かの決断力が重要です。

また『Extreme Texas Hold’em』はアンティプラスとベストファイブという2種類のサイドベットもできます。
いずれも成立する役の強さを予想する賭け式で、アンティプラスならば最大500倍、ベストファイブならば最大50倍という高額配当を獲得可能です。

コンクエスタドールカジノではポーカーでボーナスに不向き

コンクエスタドールカジノではボーナスをうまく使うことで資金を増やせる可能性があります。
しかしポーカーにおいては、ボーナスの利用はあまりおすすめできません。

コンクエスタドールカジノのボーナスはポーカー以外で消化しよう!
ボーナスについて詳しくは別記事で解説しているぞ!

コンクエスタドールカジノのポーカーにおいてボーナスを利用すべきではない理由について、詳しく解説します。

ボーナス消化率が高くない

最大の難点はボーナス消化率が低い点です。
コンクエスタドールカジノにおいてはポーカーのボーナス消化率が高くても20%に定められています。

つまり最も消化率が高いポーカーでプレイしていても、実質的な出金条件は最低でも5倍以上になるということです。

そもそもコンクエスタドールカジノのボーナスは数値以上に出金条件が厳しいため、ポーカーだけで消化しようとするのは悪手と言わざるを得ません。

追加のアクションによってベットリミットを超過するリスクがある

ポーカーのゲームによっては、最初のベット額だけで終わらないこともあります。
ゲーム中のレイズやコールなどのアクションを通じて、どんどんベット額が上昇する可能性があるためです。

ちなみにコンクエスタドールカジノにおいてはボーナスのベットリミットがボーナス残高の20%と定められています。

ゲームの1ラウンドで行われる賭けの最大金額が、現在有効な元のボーナス額の20%を超えてはなりません(特定のプロモーションの場合)。

Conquestadorカジノ〜最高オンラインカジノゲームやボーナス

トータル残高ではなく、ボーナス残高に対してベットリミットが適用されるので、気づかぬうちにリミットをオーバーしてしまうというケースも結構あります。

負けが込んで残高が減ってくると、かなり自由なベットが制限されてしまうため、コンクエスタドールカジノのポーカーではボーナスの利用をおすすめできません。

1ゲームの完了にかかる時間が長い

ポーカーは1ゲームを終えるだけでも結構長い時間がかかるという難点があります。カードの配布状況に応じて、いちいちシンキングタイムが与えられるためです。

コンクエスタドールカジノで貰えるボーナスの出金条件は決して緩くないだけに、当然ある程度のゲーム数をこなす必要があります。
しかしかなりスローペースでゲームが進行するコンクエスタドールカジノにおいては、どうしても大きなストレスを感じてしまうことでしょう。

ボーナス利用中の箸休め程度にプレイするくらいに留めておき、ボーナス消化のメインゲームとしてはポーカーをプレイしないのがおすすめです。

コメント

コメントする

目次
閉じる