【漫画あり】オンラインカジノとは?【初心者は必見!】

Bet365の出金方法最新一覧【手数料、出金スピードまとめ】

Bet365で稼いだ後は実際に資金を出金してみましょう。
本記事ではBet365においてどんな出金方法が利用できるのか、また各出金方法の詳しい特徴について開設しています。

目次

Bet365の出金方法一覧

Bet365で利用できる出金方法は以下の2種類です。

  • エコペイズ
  • 銀行送金

公式サイトではクレジットカードも出金可能と表示されますが、実際にはできません。
またアストロペイも入金のみの対応となっています。

出金条件

Bet365には「〇〇倍以上賭けないと出金できない」という出金条件規定がありません。

したがって理論上は入金した直後に出金することもできます。
しかし入金額と同額以上の賭けを行わずに出金すると、無駄な手数料を支払わされるということは知っておきましょう。

2.3 入金した金額が、出金リクエスト前に全額利用されていない場合、bet365は、入金と出金の両方に対するすべての妥当な手数料を、お客様アカウントに請求する権利を留保します。

Bet365利用規約

具体的にどのくらいの手数料を取られるのかは明記されていません。

無駄に損失を負いたくなければ、他のオンラインカジノと同じように入金した金額と同額分のベットを行った上で出金するのがおすすめです。

出金手数料

出金方法出金手数料
エコペイズ無料
銀行送金28日間に1回のみ無料(2回以上出金する場合は900円)

出金手数料はエコペイズで無料、銀行送金だと28日間につき1回のみ無料です。
28日間に銀行送金で2回以上出金すると、900円が取られます。

また銀行送金は国際送金の形式なので、中継銀行での手数料など、その他にも諸々の手数料が生じる可能性があります。

10万円を出金申請したはずなのに、実際に口座に着金したのは7万円しかなかったというような事態もよく起こり得るため、手数料面を考慮すると圧倒的にエコペイズがおすすめです。

出金スピード

出金方法出金スピード
エコペイズ12時間程度
銀行送金2~10営業日

出金スピードは出金方法に応じて大きく異なります。
エコペイズの場合は12時間程度で完了するということなので、極端に遅くなる心配はありません。実際にBet365の出金が早いことを評価するユーザーの声も見られます。

一方で銀行送金はかなり長い時間を要します。
公式サイト上では最短2営業日と記載されているものの、実際には10営業日近く日数がかかることも覚悟しておかなければなりません。

最低出金額

出金方法最低出金額
エコペイズ1000円
銀行送金6000円

最低出金額はエコペイズで1000円、銀行送金で6000円に設定されています。
エコペイズの場合はかなり小額からでも出金できるのが大きな魅力です。

一方で銀行送金も、最低入金額が2万円であることを踏まえると、比較的低額からの出金が可能となっています。

出金限度額

出金方法出金限度額
エコペイズ300万円
銀行送金400万円

出金限度額はエコペイズで300万円、銀行送金で400万円です。
いずれも1回の手続きでかなり高額の出金をすることができます。

またBet365では期間あたりの出金上限額が定められていません。したがって複数回手続きをすれば、一切上限なく好きなだけ出金することもできます。

超高額の出金ができるという点は、Bet365の大きな魅力と言えるでしょう。

Bet365のエコペイズ出金

出金手数料無料
出金スピード12時間程度
最低出金額1000円
出金限度額300万円

Bet365を利用する場合はエコペイズで出金するのがおすすめです。
もう1つの選択肢である銀行送金に劣っている点は、出金限度額が100万円低いということくらいしかありません。

しかし複数回手続きをすれば問題なく300万円を超過する金額の出金もできます。

またエコペイズから銀行口座への送金は原則1営業日程度で完了します。
したがってBet365から銀行送金で出金するよりも、圧倒的にスピーディに現金化することが可能です。

Bet365の銀行送金出金

出金手数料28日に1回は無料(2回目以降は900円&中継銀行などで生じる諸々の手数料もユーザー負担)
出金スピード2~10営業日程度
最低出金額6000円
出金限度額400万円

一般的にオンラインカジノの銀行送金はトップレベルにおすすめの方法として紹介されますが、Bet365では当てはまりません。手数料負担が重い上に、出金完了までに長い日数を要するためです。

さらに海外からの送金になるため、銀行側でも不正な送金ではないかという審査が厳しく行われます。
例えばみずほ銀行の場合、「どこからの送金なのか」「どんな使用目的の資金なのか」などについて、詳しく質問を受けることもあるようです。

長く待たされた挙句、銀行側の審査で着金が拒否される可能性もあることを踏まえると、おすすめの出金方法とはとても言えません。

コメント

コメントする

目次
閉じる